このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 調布地域 の中の 調布地域のまちづくり情報 の中の 田園調布せせらぎ公園 の中の 田園調布せせらぎ公園の整備 のページです。

本文ここから
調布地域

田園調布せせらぎ公園の整備

更新日:2009年4月4日

都市計画公園田園調布せせらぎ公園の整備

・名称
  田園調布せせらぎ公園
・所在地
  地番:大田区田園調布一丁目51・53番
 (住居表示:田園調布一丁目53番10号)
・面積
  約3.1ヘクタール(都市計画決定面積 約5.24ヘクタール)
・経過と今後の予定
  昭和32年12月21日 都市計画決定告示
  平成13年7月まで 多摩川園遊園地を経て会員制テニスクラブ
  平成13年11月 大田区土地開発公社にて用地取得
  平成14年1月から3月 大田区土地開発公社にて閉鎖管理
  平成14年8月1日 暫定利用を開始(8月一部、12月全面開放)、田園調布せせらぎ公園のご案内(現況施設を活かして区民へ開放)
  平成15年度 整備活用計画の検討、事業認可の取得(活用計画検討会)
  平成16年1月28日 都市計画事業認可告示
  平成15年から19年度 用地の買戻し、公園整備(5ヵ年)
  平成20年4月1日 都市計画公園として供用開始

田園調布せせらぎ公園の自然

 田園調布せせらぎ公園は、水と緑に包まれた都市の貴重なオアシスといえます。跡地の約3分の1を占める斜面樹林帯は、カシやシイなどの常緑樹とケヤキやエノキ、クヌギ、コナラなどの落葉樹が混在し、武蔵野の雑木林を思わせます。また、崖線沿いには、湧水が湧き、その水が流れ込むため池(ビオトープ)が2箇所、観賞用に造られた池が3箇所あり、それらを結ぶ流れなど、大変水が豊富です。その豊かな自然の一部をご紹介いたします。

せせらぎ公園の四季の移り変わり

せせらぎ公園の春は、芽吹きと開花の季節。夏には、まぶしいほどの緑でつつまれ、秋には、もみじが紅葉。冬は、落葉と雪景色で一変。跡地では四季折々の変化を実感できます。特に斜面樹林帯の池や園路沿いには、イロハモミジやヤマモミジが多く、秋の紅葉は見ごたえのあるものです。

園内の湧水

公園内には湧水源が2箇所あり、どりこの坂側を第1水源、休憩所の東側を第2水源と仮に称しています。第1第2水源を合わせた湧水量は、毎秒2リットルから5リットルと非常に多く、水量は1日で400トン近くに達します。その他、崖線沿いの武蔵野レキ層から湧き水が数多くしみ出ています。

園内で見かけた草花

園路に沿って注意深く観察すると、タチツボスミレ、カタバミ、ホトケノザなどかわいらしい草花も多く見られます。

園内で見かけた生き物たち

・小動物たち
カナヘビ、トカゲ、アオダイショウ、ヒキガエルのオタマジャクシなど、いろいろな小動物に出会いました。特に区内では珍しいサワガニの生息地があり大切に保護しています
・蝶の仲間
アオスジアゲハ、キアゲハ、ナミアゲハ、クロアゲハなどのアゲハチョウの仲間や、ルリタテハ、ゴマダラチョウ、キチョウ、モンシロチョウ、ジャノメチョウ、サトキマダラヒカゲなど、いろいろな蝶が飛び交っています。
・バッタやカマキリの仲間たち
ショウリョウバッタ、オンブバッタ、カワラバッタやコカマキリ、オオカマキリなどに出会いました。草っぱら広場にバッタたちがいっぱい生息するようになりました。15年9月に都市部ではとても珍しいナナフシを発見しました。大切に見守りましょう。
・いろいろな昆虫たち
せせらぎ公園では、コガネムシの仲間やニワハンミョウ、カメムシの仲間など、いろいろな昆虫たちが生息しています。ミズキやアカメガシワなどの実のなる木が多いせいか、いろいろなカメムシを見かけます。
・蜂やアブの仲間たち
キアシナガバチ、クマバチ、クロマルハナバチ、ミツバチ、スズメバチなど、いろいろな蜂に出会いました。また、シオヤアブやアオメアブ、ホソヒラタアブなど、アブもいっぱい生息しています。スズメバチは、凶暴なので出会ったら刺激しないようにしましょう。
・クモの仲間たち
ハナグモやワカバグモなど、巣を作らなくて体の小さいクモやオニグモ、ナガコガネグモ、ジョロウグモなど大きな巣網を張る体の大きなクモが見られます。その他、ジグモやミズグモ,アシダカグモなど種類は豊富です。
・樹液に集まる虫たち
跡地の夏、クヌギの樹液にいろいろな昆虫たちが集っている姿に出会いました。調布大塚小学校「おやじの会」が放虫したと思われるカブトムシのメスにも出会いました。
・水辺に集まるトンボたち
アオイトトンボやモノサシトンボなど、イトトンボの仲間やギンヤンマ、ショウジョウトンボ、コフキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、コシアキトンボ、ナツアカネ、アキアカネなどに出会いました。種の特定には、詳細な調査が必要です。
・園内で見かけるセミたち
アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシなどが多く見られます。跡地の樹林帯は、まるでセミの楽園のようにセミたちが一斉に鳴いています。アブラゼミやミンミンゼミ、ツクツクボウシは、昼間に鳴き、ヒグラシは朝と夕方(薄暗い時)に鳴きます。

以上平成14年の秋から平成15年の秋まで1年間かけて園内の生物調査を区民と共に行った結果から抜粋して掲載させていただきました。今後、新たな発見があれば適宜更新していく予定です。

集会室利用案内

使用の範囲

 区民による地域のまちづくり等を支援する施設としてご利用いただけます。

貸出施設の概要

・利用時間
 午前9時から午後5時まで
・休館日
 年末年始 12月29日から1月3日
  (清掃、設備点検等で臨時の休館日があります)
・予約受付先
 田園調布せせらぎ公園管理室
 電話:03-5483-2461
・利用に関するお問い合わせ先
 都市基盤整備部調布まちなみ維持課
 電話:03-3726-4300

利用時間
利用区分 午前 午後 全日
利用時間 午前9時から午前12時 午後1時から午後5時 午前9時から午後5時
集会室 区内 1,200円 2,000円 3,200円
区外 1,400円 2,400円 3,800円
多目的室 集会使用 区内 2,500円 4,100円 6,600円
区外 3,000円 4,900円 7,900円
多目的室 展示使用 区内 5,000円
区外 6,000円

注釈1:給湯設備等はございません。
注釈2:館内は禁煙となっています。喫煙は指定場所でお願いいたします。
注釈3:駐車場は有料で20台分あります。
注釈4:机や椅子などの備品類の状況をご確認のうえご予約ください。

お問い合わせ

調布まちなみ維持課

大田区雪谷大塚町4番6号
電話:03-3726-4300
FAX :03-3726-4318

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)