このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 調布地域 の中の 雪谷特別出張所 の中の お知らせ・イベント情報 の中の 雪谷区民ギャラリー1月度 のページです。

本文ここから
雪谷特別出張所

雪谷区民ギャラリー1月度

更新日:2010年1月13日

今月の区民ギャラリー展示

 新年、明けましておめでとうございます。
初春を迎えて、皆様はいかがお過ごしですか。良いお正月をお過ごしになられたことでしょう。
 さて、年初の区民ギャラリーは、上池台にお住まいの 柏 頼信 さまと、柏 三八子 さまの作品です。
 年初にふさわしく富士山を題材にした大作「墨絵」と、荘厳な「書」の作品を展示しております。

展示の概要

 ギャラリーの右半分のA面は、「書」と「刻字」の作品四点の展示です。
 ギャラリーの左半分のB面は、墨絵「豊茂の富士」の展示です。

A面左の刻字「和顔」「旅」の作品二点(49KB)

A面中央の書「竹馬の句」(51KB)

ギャラリーの右半分のA面のご紹介

 柏 頼信 さまの刻字作品「水戸八景」、「和顔」と「旅」。
 あわせて 柏 三八子 様の「書」作品、久保田万太郎さんの句「竹馬や〜」を展示しております。

 柏 頼信 さまの刻字作品「水戸八景」、「和顔」と「旅」は、中国秦代の篆書体(てんしょたい)で刻字されています。
 篆書体は、その高い芸術性から印鑑にも多用され、漢字の起源である象形文字を連想させる書体です。
微妙な丸みを帯びた字体を精緻で丁寧に刻字したもので、しっかりとした気品ある作品に仕上がっています。

 また、 柏 三八子 様の「書」作品は、久保田万太郎さんの句「竹馬や〜」を、かな文字の散らし書きのように書き上げたものです。
 一見、アンバランスにも見えます。しかし、字の配置、墨の濃淡とかすれ具合が、微妙な空間バランスをうみだし、その丸みのある筆はこびが、観る者をなごませてくれる、柔らかな仕上がりとなっています。

漢字とかな文字

 私たちは、普段なにげなく目にする数多くの「文字」があります。
はるか時をさかのぼれば、古代中国における亀甲文字を起源とする「漢字」

われわれ日本人の祖先は、その「漢字」から「ひらがな」や「カタカナ」を生みだしました。
 その「文字」に磨きをかけて芸術にまで高めた「書」の世界。
このことにより、日本語を世界的にも、まことに表現豊かな「文字文化」を作り上げました。

 パソコンや携帯、インターネット全盛の今にあっても、「書」の作品は観る者に力強い感動を与える。今回の展示作品は、そのような気がしてきます。

A面左の刻字「水戸八景」(52KB)

B面の墨絵「豊茂の富士」(56KB)

ギャラリーの左半分のB面のご紹介

 「富士山」を題材にした 柏 三八子 さまの大作墨絵「豊茂の富士」の展示です。
 作品をいちど遠目で、そのあと近くで、ご覧になってください。
 「豊茂の富士」は、霊峰富士をすがすがしくも精緻に、また民家を眼下に従えることにより、ひしひしと圧倒的な存在感を訴えてきます。
 この作品の感動は、ホームページの写真からは、とても伝えきれません。ぜひとも本物をご覧いただきたいと思います。

展示観賞のお誘い

 かつての新たな年といえば、門松、凧揚げ、羽子板、かるた取りなどがありました。
 最近は、それら風物詩がへり、お正月の雰囲気をあじわう機会がなくなりつつありますが、初詣やお年始まわりなどは、まだまだ健在のようです。
 ここ雪谷特別出張所では、初春をお祝する雰囲気を味わっていただくため、「墨絵」と「書」のすてきな作品たちが、みな様のお越しをお待ち申し上げております。
 どうぞ、ぜひ観にいらしてください。

区民ギャラリー展示のご案内

 雪谷特別出張所の区民ギャラリーは、地域にお住まいになっておられる方々のご協力により、毎月多彩な作品の展示を入れ替えて展示しております。

 展示をご希望される方は、雪谷特別出張所までご連絡をお待ちしております。
まずは、お電話をください。

お問い合わせ

雪谷特別出張所

大田区東雪谷三丁目6番2号
電話:03-3729-5117
FAX:03-3729-1826

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)