新型コロナウイルス感染症陽性と診断された方・濃厚接触者の方へのご案内

ページ番号:245484554

更新日:2022年9月26日

感染拡大状況により対応内容に変更が生じる場合があります。

目次

大田区保健所からのお知らせ

22年9月26日からコロナ感染者の全数届出が見直しされました。

2022年9月26日から医療機関からの発生届(陽性の届け出)の対象が、以下の4類型に限定されています。

(1)65歳以上の方
(2)入院が必要な方
(3)重症化リスクがあり、かつ新型コロナ治療薬の投与が必要な方
   または、
    重症化リスクがあり、かつ新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な方
(4)妊婦の方

医療機関から発生届が提出されない4類型以外の人はどうなるの?

発生届の対象外となる軽症者の方も、安心して自宅療養を受けていただくことができるようにするため、宿泊療養、配食サービス、パルスオキシメーター貸し出し等を利用することが可能です。
利用を希望される方は、東京都陽性者登録センターに登録が必要となります。

 その他のお知らせ

大田区では、罹患された方へSMS(ショートメール)により、「療養に関するご案内」を送付しています。
基礎疾患など重症化リスクのある方については、別途、保健所から電話連絡いたします。

「療養に関するご案内」につきましては、下記の番号にて送信させていただきます。
★docomo,au,楽天モバイルの方:03-5744-1360
★ソフトバンク:0032-06-9000

症状などで心配なことがあれば、診断医またはかかりつけ医にご相談ください。
また、一部の方については、医療機関が健康観察を行う場合があります。
ご理解・ご協力のほど、お願いいたします。

自宅療養に備えた準備

自宅療養時に用意しておいた方がよいものはありますか

食料は災害対策と同様に事前に用意しておくと安心です。

  • うどんやシリアル等の主食
  • レトルト食品やインスタント食品
  • ミネラルウォーターなど

ネットスーパーや宅配を利用する方法もあります。

市販の解熱剤は服用しても問題ないですか

問題ありません。持病のある方や妊娠中の方は主治医にご相談ください。

薬が足りなくなったらどのように対応すればよいですか

診断された医療機関が電話診療を行っている場合はそちらにご相談ください。不明な場合は保健所から対応できる医療機関を紹介しますので、ご相談ください。
詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
療養に備えて準備をしておきましょう(東京都福祉保健局サイト)

中和抗体薬による治療について

軽症の患者さんに対して重症化を防ぐことを目的とした点滴治療です。点滴で投与し、投与後に副作用が生じないか、一定時間、経過の観察を行います。

東京都中和抗体薬治療コールセンター

電話番号
03-5320-5909
受付時間 
午前9時から午後5時まで 年中無休
対応言語
日本語他、11か国語に対応
(英語、中国語、ハングル、ベトナム語、タガログ語、ネパール語、ミャンマー語、タイ語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語)

詳しくは下記のページをご覧ください。

経口薬(飲み薬)について

国の特例承認を受けている新型コロナ感染症の飲み薬には、「ラゲブリオ」と「パキロビッドパック」があります。
投与対象は、重篤な心疾患や慢性呼吸器疾患、肥満等の新型コロナ感染症の重症化リスク因子があり、医師が必要と判断した方とされています。重症度の高い患者、発症から6日目以降に投与した患者に対する有効性は確立していません。
処方を受けるためには医療機関の受診が必要ですので、処方の対象になるか医療機関の診察を受けてください。また、妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、授乳中の方のほか、他の薬を服用されている場合、飲み合わせに注意が必要な場合がありますので診察の際に医師にご相談ください。

後遺症について

治療や療養が終了した後で、呼吸の苦しさや味覚・嗅覚の異常などの様々な症状が見られる場合があります。同時に複数の症状が現れる場合もあります。
詳しくは下記のページをご覧ください。

陽性となったら

病状、持病の有無などにより、入院または宿泊療養または自宅療養となります。
順次調査を行っていますが、感染者数の増加に伴い、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理情報システム(HER-SYS:ハーシス)を活用して健康観察を行っています。

健康観察について

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理情報システム(HER-SYS:ハーシス)を活用して、「My HER-SYS(マイハーシス)」または自動架電で健康観察を行っています。
午前10時までに入力が確認できない場合、保健所からお電話等で状況を確認することがあります。
また入力内容確認後に保健所から電話をすることがありますので、健康観察にご協力をお願いします。

My HER-SYS(マイハーシス)について

スマートフォンやパソコンでMy HER-SYSへアクセスして、午前10時までに健康状態を入力してください。

自動架電について

My HER-SYSで入力できない場合は毎日午前9時、携帯電話または固定電話に新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理情報システム(HER-SYS:ハーシス)からAIによる自動音声で電話をかけさせていただきます。
音声ガイダンスが流れますので、プッシュボタンで健康状態を入力してください。

療養について

陽性となった方は、以下のいずれの方法で療養していただきます。

  • 自宅療養
  • 宿泊療養
  • 入院

自宅療養について

自宅療養中に心配なことがあれば「自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)」までご連絡ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。

自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)

電話番号
0120-670-440
受付時間
24時間対応

自宅療養者向けハンドブック

東京都iCDC専門家ボードの感染制御チームでは、家庭内の感染対策に関する「自宅療養者向けハンドブック」を作成しました。
このパンフレットでは、自宅療養期間中に他の人に感染を拡げないために、ご自身で気をつけること、同居の方やご家族に知っていただきたいことをまとめています。

ご自宅での換気について、換気の専門家のお話からポイントをまとめております。ぜひ、ご参照ください。

健康や医療相談の情報

自宅療養に関するよくある質問等が掲載されています。

宿泊療養について

自宅から宿泊療養施設へ入所する場合は、保健所からご本人に連絡がありますが、連絡を待つことなく、ご本人から直接お申込みいただけます。
東京都では、「東京都宿泊療養申込窓口」を開設しており、入所を希望する方は以下の連絡先からお申込みください。
2022年9月26日以降、宿泊療養を希望する発生届対象外の方(65歳未満で重症化リスクの低い方)については、事前に東京都陽性者登録センターで登録が必要となります。
利用対象者につきましては、下記の東京都HPをご参照ください。

宿泊滞在費は無料で、お弁当が支給されます。
施設の指定はできません。
宿泊生活に関する内容は、東京都の宿泊療養紹介動画「意外に快適!?ホテル療養ライフ ~安心して過ごせるホテル療養生活をご紹介~(東京都公式動画チャンネル)(外部サイト)」をご確認ください。
また、施設の一覧をはじめ宿泊療養に関する詳細は、下記の東京都ホームページをご参考ください。

東京都宿泊療養申込窓口

電話番号
03-5320-5997
受付時間
午前9時から午後4時まで 年中無休
対応言語
日本語他、11か国語に対応
(英語、中国語、ハングル、ベトナム語、タガログ語、ネパール語、ミャンマー語、タイ語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語)

入院について

入院は、感染症法に基づき「勧告入院」という扱いになります。
入院治療に要する医療費については、公費負担となり自己負担はありませんが、病衣のレンタルなど一部自己負担が発生する場合があります。
そのため、入院先の医療機関の説明をご確認ください。
また、その他疾患の治療により感染症病床から一般病床に移った際ほか、自己負担が生じる場合があります。
退院基準を満たすまでは入院が必要です。また、入院中は医師・看護師の指示に従う必要があります。(自己判断で退院は不可)

入院に必要な物品は入院先病院で異なる場合があります。ご了承ください。

療養通知書について

「My HER-SYS」で療養証明書を表示する方法

厚生労働省のシステム「My HER-SYS」により、療養証明書を表示することができます。(注釈1)
(注釈1)発生届対象外(65歳未満で重症化リスクの低い方)の方は、「My HER-SYS」により療養証明書の画面を表示することができません。

「My HER-SYS」に未登録の方
 医療機関又は大田区保健所からSMSが届きましたら、以下を参考に登録をお願いします。

大田区に療養通知書を申請する方

令和4年9月2日以降、保険会社へのコロナ入院給付金の請求に際し、原則、保健所からの証明書は不要となっております。
必要書類については、各保険会社にご確認ください。

●申請にあたっての注意事項

・療養通知書を発行するためには、医療機関で受診されていることが必要となります。
・また、濃厚接触者の方には、発行することができません。
・個別の事情による優先対応等はしていません。

●申請方法
以下リンクより、電子申請により申請ができます。
令和4年9月7日から、厚生労働省で定める療養解除基準が、有症状の場合7日間へ変更されました。

●療養通知書様式
以下の様式は、申請書ではありません。保健所が発行する「療養通知書」の様式例となります。

その他

本証明書の発行にあたっては、現在、3週間程お時間をいただいております。ご了承ください。
(令和4年9月15日現在)令和4年9月1日申請分まで、発送が完了しております。8月25頃までに申請された方で不着の方は、担当までお問合せください。
療養通知書の発行についてのお問い合わせは、感染症対策課感染症対策担当 03-5744-1263(平日8時30分~17時)にご連絡ください。

濃厚接触者の方へ

新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触があった日の翌日から5日間は、健康観察と外出自粛をお願いします。
なお、職業等に関わらず、2日目、3日目の抗原定性検査(自費検査)により陰性が確認された場合、3日目から待機解除となります。
以下の注意点を守ってお過ごしください。

濃厚接触者の方へ

  • 不要不急の外出、登校、出勤は控えてください。
  • 1日2回検温し、体調を注意深く健康観察してください。
  • 体調不良の際には、かかりつけ医へご相談ください。

生活上の注意点

  • 健康観察期間中は、マスクの着用とこまめな手洗いの徹底をお願いします。
  • 不要不急の外出を避け、やむをえず移動するときは、公共交通機関の利用は避けてマスクを着用してください。
  • 鼻水などが付着したティッシュやマスクを捨てる時は、ごみ袋の口をしっかり縛って封をすること、ごみを捨てた後はしっかり手洗いすることを心がけてください。
  • 衣服等の洗濯は通常どおり行って構いません。

濃厚接触者の取扱い・定義について、東京都福祉保健局のホームページをご参照ください。

発熱・咳など発病を疑う症状がみられたら

都内で発熱外来を実施している医療機関のうち、ホームページでの公表に同意いただいた医療機関について一覧リストを掲載しています。

【受診時には以下の点にご注意ください。】

  • 院内感染を防止するため、受診前に必ず医療機関へ事前予約を入れてください。事前予約がない場合、診療をお断りさせていただく場合がございます。
  • 受診時はマスクを着用し、公共交通機関の利用は控えていただくようお願いいたします
  • 検査実施の有無については最終的に医師が判断する形となります。
  • 患者様の容態に応じて、別の施設をご案内させていただく場合がございます。
  • 受診には必ず保険証をご持参ください。医師が検査を必要と判断した場合、検査費用は無料ですが、別途初診料等は患者様側の負担が発生いたします

濃厚接触者への抗原定性検査キットの配布(東京都事業)

東京都では、診療・検査医療機関での検査・受診の集中を緩和するため、濃厚接触者となられた方が、抗原定性検査キットで自ら検査していただく上で医療機関を受診することができるよう、希望する濃厚接触者の方に検査キットを配布しています。
上記専用サイトからお申込みください。
(注釈1) ただし、東京都からのご案内により、この検査は「結果が陰性でも感染の可能性を否定するものではなく、待機期間中の自宅待機は継続していただく」ものとなります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

Get Adobe Acrobat Reader

お問い合わせ

感染症対策課

電話:03-5744-1263
FAX :03-5744-1524
メールによるお問い合わせ