このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
おおた区議会
大田区トップページ

サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 大田区議会 の中の 区議会とは の中の 様々な活動 の中の 大田区議会における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みについて のページです。

本文ここから

大田区議会における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みについて

更新日:2020年7月7日

塩野目正樹議長のコメント

 現在、世界規模で新型コロナウイルスという未曽有の危機に直面しており、4月7日には、国から緊急事態宣言が発令され、5月25日に解除されました。しかし、この間の外出自粛などが区民生活に与えた影響は計り知れません。
 大田区議会では、2月7日に、「議会新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、第1回の会議を2月17日に開催して以降、積極的に会議を開催(5月27日時点で17回)し、「区民の命と暮らし」のため、区内産業や区民生活を支援する「緊急要望」を区に対して行ってまいりました。そして、5月26日・27日に開催された臨時会では、新型コロナウイルス感染症への緊急対応などが盛り込まれた総額約784億円の一般会計補正予算(第2次)の可決などを行いました。
 各会議を開催する際には、感染拡大防止の観点から、ソーシャル・ディスタンスを考慮した席の配置や、2つの委員会室をつなげての使用など、前例のない対策を講じました。
 議決機関として引き続き、区民の皆様のため、「感染症対策」「生活支援」「経済対策」に全力で取り組み、出口戦略も見据えながら、一丸となってこの難局を乗り越えていけるよう取り組んでまいります。

議会新型コロナウイルス感染症対策本部の設置、会議の開催について

 大田区議会では、2月7日に、新型コロナウイルス感染症が急速に拡大していることを踏まえ、「議会新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、第1回の会議を2月17日に開催して以降、積極的に会議を開催(7月6日時点で20回)し、区における新型コロナウイルスへの対応と足並みを揃えつつ、正確な情報収集及び情報提供などが図れるよう努めております。

区議会対策本部会議の様子

区議会対策本部会議の様子

定例会について

 本会議場では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、発言者が発言する際もマスクを着用することとしていましたが、令和2年第2回大田区議会定例会では、本会議場において発言者が発言する際は、マスクを外して発言できるよう、議長席、演壇、答弁席等に「アクリル製飛沫防止パネル(注釈1)」を設置しました。

(注釈1)アクリル製飛沫防止パネルは、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、区が区内ものづくり企業に協力を依頼して短期間で製造してもらったものです。

令和2年第2回定例会の様子

令和2年第2回定例会の様子

臨時会について

 令和2年第1回大田区議会臨時会では、「密閉・密集・密室」の3つの密を避けるため、会期を例年1日のところ、5月26日・27日の2日間に分け、本会議場では、ソーシャルディスタンスを考慮した席の配置とするなどの対策を講じました。

傍聴席から見た議場

傍聴席から見た議場

委員会について

 5月12日・13日に開催された常任・特別委員会では、本会議場を使用したり、2つの委員会室をつなげて使用するなどの対策を講じました。

総務財政委員会

防災安全対策特別委員会

傍聴者への対応について

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、傍聴者の健康を守るため、議会傍聴の際には、マスクの着用及び手指消毒、十分な間隔を開けての配席などについてご協力をお願いしております。

要望書の提出について

 区議会では、区に対して要望書を提出しています。
 詳細については、以下のファイルをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


このページの上へ戻る
以下 奥付けです。
大田区議会
〒144-8621 大田区蒲田五丁目13番14号(区役所本庁舎10階)電話:03-5744-1474(直通)FAX:03-5744-1541
蒲田駅東口から徒歩1分(JR京浜東北線、東急多摩川線・池上線)
Copyright (c) Ota City. All rights reserved.このページのトップに戻る