このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長あいさつ・メッセージ の中の 区長メッセージ の中の 松原忠義大田区長 平成28年 新年のあいさつ のページです。

本文ここから

松原忠義大田区長 平成28年 新年のあいさつ

更新日:2016年1月4日

新しい年に 未来をひらく挑戦を

写真:新春のつどいでの松原忠義大田区長
松原忠義大田区長 大田区新春のつどい(産業プラザにて)

明けましておめでとうございます。
区民の皆様には、新年を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、異常気象による災害やテロ事件など、人々を不安にさせる出来事が多かった中で、ラグビーワールドカップでの日本代表の劇的な勝利は、多くの日本国民に感動を与えました。
 今年は、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが開催されますが、日本人選手の大活躍という明るいニュースを期待したいと思います。
 私は、昨年4月の区長選挙におきまして、区民の皆様からの負託を受け、3期目を務めさせていただいております。今後も、「おおた未来プラン10年(後期)」の着実な実施を通じて、健康福祉、文化、産業などさまざまな分野で、重要課題の解決に向けた施策を進めてまいります。
 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に関する昨年の一番の話題は、ホッケー競技の会場が大田区東海一丁目にある、都立大井ふ頭中央海浜公園の第二球技場に決定したことです。大田区も正式な大会会場を有する自治体となり、大会の素晴らしさと競技の魅力を区民の皆様と共有しながら盛り上げていきたいと考えております。また、ソフトボール競技を大田スタジアムに誘致すべく、現在積極的に働きかけを行っております。今年の5月7日・8日には、国内最高峰の女子ソフトボール1部リーグ戦が大田スタジアムで開催されますので、ぜひご観覧いただければ幸いです。
 本年の大田区政の挑戦は、「暮らしてよし、訪れてよし、地域力あふれる 国際都市おおた」の実現です。
 4年後に控えた東京オリンピック・パラリンピックを見据え、区民の安全・安心や衛生面を確保した上で地域経済の活性化・国際交流を図る、全国初の「外国人滞在施設経営事業」(いわゆる「民泊事業」)の実施をはじめ、昨年12月にオープンした多言語対応可能な観光情報センターを単なる観光案内所ではなく、訪れる外国人旅行者がここを起点としてまちに出て地元の人々と交流し、素顔の日本に触れる観光拠点となるよう運営していきます。そして、大田区が大勢の方々でより賑わいをみせるまちとなるよう目指してまいります。
 大田区制70周年事業につきましては、イメージソング、シンボルマーク及びPRキャラクターが今春完成予定であり、明年3月の区制70周年記念に向け、これらを最大限活用して機運醸成を図り、区民の皆様と連携しながら記念事業に取り組んでまいります。
 この1年が、区民の皆様にとって実り多き年となりますよう、心からお祈り申し上げまして、新年の挨拶とさせていただきます。

平成28年1月1日

画像:松原忠義区長サイン

シティニュースおおた

「松原忠義区長 新春インタビュー」を動画でご覧ください。
シティニュースおおた平成28年1月前半号はこちら

写真シティーニュースおおた収録
シティーニュースおおた新春号の収録の様子

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)