このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長フォトメモリー の中の 平成27年9月 のページです。

本文ここから

平成27年9月

更新日:2015年10月2日

写真:記者会見

平成27年9月29日(火曜日)
羽田空港跡地の整備事業や旅館業法の特例等について、東京圏 国家戦略特別区域会議の「東京都 都市再生分科会」が開かれ、出席しました。 会議終了後には「民泊」の条例化に関しての記者会見を行いました。 これは、一定の条件を満たしたマンションなどの空き部屋を宿泊施設として活用できるようにするもので、12月議会での提案をめざします。

写真:内覧会でのあいさつ

平成27年9月17日(木曜日)
9月28日にオープンした「biz(ビズ) BEACH (ビーチ)CoWorking(コワーキング)」(産業プラザ2階)の内覧会を開催しました。
この施設は、新製品・新技術開発、新たな創業にチャレンジする企業、人が交流できる場所として提供されます。
また、各種イベントの開催を通じた様々な人材の交流を促進します。
内覧会では、あいさつのほか、施設の見学をしました。

写真:アースフレンズ東京Zと区長、オーちゃん

平成27年9月17日(木曜日)
大田区をホームタウンとする男子バスケットボールチーム「アースフレンズ東京Z」の大田区観光PR特使委嘱式をヤマトフォーラム(羽田クロノゲート内)で行いました。
観光PR特使は、大田区にゆかりがあり、大田区を全国にPRしている団体や個人を対象に大田区が任命しています。
委嘱状の授与のほか、選手の練習を見学しました。

写真:メリーチョコレートカムパニーから寄贈

平成27年9月9日(水曜日)
株式会社メリーチョコカムパニーから、2年間の長期保存が可能な「保存食チョコレート」の寄贈を受けました。
同社とは、「災害時における応急対策活動に対する防災業務協力に関する協定」を締結しており、保存食チョコレートは災害が発生した時に提供される食料のひとつとなっています。

写真:松本選手、区長表敬訪問

平成27年9月4日(金曜日)
10月に台湾・桃園にて開催される第8回アジア太平洋ろう者競技大会におけるサッカー日本代表に選出された松本弘選手(区内在住)が区長を表敬訪問しました。
本大会は2017年にトルコで開催予定のデフリンピック(聴覚に障がいのある方のオリンピック)のアジア予選を兼ねており、アジア各国のレベルがアップしている中で、日本代表もチーム一丸となって頑張っているとのことです。
区長は松本選手に普段の練習の成果を発揮して、素晴らしいプレーができるよう期待すると激励しました。

写真:ブルートライアングルプロジェクト贈呈式

平成27年9月3日(木曜日)
「ブルートライアングルプロジェクト」の一環として、アオスジアゲハの飼育のための実証実験施設に必要な資材一式が「東京蒲田ロータリークラブ」から寄付されました。
完成した施設は、東京労災病院(中庭)に設置されています。
今後は、アオスジアゲハの採卵が行えるよう取り組みを進めていきます。

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)