このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区長室 の中の 区長フォトメモリー の中の 平成27年10月 のページです。

本文ここから

平成27年10月

更新日:2015年11月2日

写真:日本化学技大学長

平成27年10月29日(木曜日)
東京工業大学と大田区との連携協力関係に注目した、エジプト日本科学技術大学学長一行の表敬を受けました。
表敬後には、OTAおおたテクノCOREこあ(大田区立工場アパート)を訪問し、区内中小企業の高い技術力も見ていただきました。

写真:区長インタビュー(新空港宣線・スポーツ報知)

平成27年10月22日(木曜日)
「報知新聞」のインタビューを受けました。
新空港線(蒲蒲線)の重要性、意義について語り、早期実現の必要性を訴えました。

写真:区長インタビュー(民泊・TBS)

平成27年10月21日(水曜日)
TBSテレビのインタビューを受けました。
国家戦略特区のメニューである旅館業法の特例を活用した「外国人滞在施設経営事業」の意義について語りました。

写真:記者会見

平成27年10月14日(水曜日)
定例記者会見を開催しました。
今回の会見では、国家戦略特区指定に伴う各種事業についての今後の流れや、新空港線(蒲蒲線)の整備に向けた取組み等の発表を行いました。

写真:大田区区民スポーツまつり

平成27年10月12日(月曜日)
スポーツ健康都市宣言記念事業「第32回大田区区民スポーツまつり」が、大田区総合体育館をメイン会場として開催されました。
今年は、「パラリンピック競技にトライ!」と銘打ち、車いすバスケットボール、ボッチャ、ブラインドサッカーの3種目を参加者の方々に体験していただきました。
オープニングセレモニーであいさつさせていただきましたが、旧大田区体育館がプロレスのメッカだったことから、大田区総合体育館に飾ってほしいというご意向があり、大林寺所有の墨彩素描画「力道山」の寄贈もお受けしました。当日は、大林寺ご住職のほか、作者 安西啓明氏の御子息 安西東作氏も立ち会われました。

写真:区長訪問(大連市副市長)

平成27年10月8日(木曜日)
中国大連市人民政府から 朱程清副市長ら5名の訪問団の表敬を受けました。
訪問団からは、体力向上モデル校の一つである東蒲小学校の視察を通しての感想や、民間企業による大田区総合体育館の指定管理者委託方法について、熱心な質問を受けました。
席上、両都市の協力関係について確認したほか、野球やダブルダッチ(縄跳び)などスポーツの話題で盛り上がりました。
今後はスポーツ分野においてもさらに交流を推進していくという趣旨の覚書を、大田区観光・国際都市部長と大連市体育局長との間で取り交わしました。

写真:区長インタビュー(ワールドビジネスサテライト)

平成27年10月5日(月曜日)
テレビ東京のインタビューを受けました。
「外国人滞在施設経営事業」の可能性について語るとともに、今後の取組みについての考えを述べました。

写真:大田区民の集い

平成27年10月5日(月曜日)
大田区民ホールアプリコで開催された「大田区民の集い」であいさつをしました。この催しは、毎年10月11日から20日までの期間に実施される「全国地域安全運動」に先立ち、地域の方と大田区、警察が一体となって「安全・安心なまちづくりの実現」を目指して開催しており、今年は約1,400名の方々にご来場いただきました。

写真:国際都市おおたフェスティバル

平成27年10月3日(土曜日)
昨年からスタートし、今年で2回目となる「国際都市おおたフェスティバルin「空の日」羽田」が開催され、昨年を上回る3万2千人の来場がありました。
区長は開会のあいさつをしたほか、東京生テレビ(JCOM)に生出演し、イベントの概要や特徴について説明をしました。

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)