このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の 区のプラン(計画や施策など) の中の 個別分野のプラン の中の 区政の進めかた(職員制度や情報化など) の中の スマートワーク(働き方改革) のページです。

本文ここから

スマートワーク(働き方改革)

更新日:2018年3月8日

 民間企業等での過労死や長時間労働の慣行等の問題、国の働き方改革実現会議等の議論もあり、官民を挙げて「働き方改革」の取り組みが進められています。
 職員の過重労働は、職員の健康被害や事故発生のリスクが高まるだけでなく、職員のモチベーションの低下につながり、ひいては区民サービスの低下につながる恐れがあります。
 区においても、長時間労働の拡大や事業・事務量が増加傾向となっており、適正な勤務時間管理、業務の見直し(労働生産性の向上)、職員のモチベーションの維持・向上、健康管理の充実等が経営課題となっていました。この経営課題の解決に向け、区では、大田区スマートワーク宣言を行い、働き方改革に取り組んでいます。

大田区スマートワーク宣言

 平成29年2月1日(水曜日)に、松原忠義大田区長が庁内放送を通じて「スマートワーク宣言」を行いました。

スマートワーク宣言
 大田区は区民サービスの更なる向上と、職員のワーク・ライフ・バランスの実現を目指し、「スマートワーク」をキーワードに、全庁一丸となって働き方改革に取組むことを宣言します。

「スマートワーク」とは?
 限られた勤務時間の中で、質の高い仕事を行い、最大の効果を出す働き方のこと。
「S・M・A・R・T」の頭文字から、
「Simple(簡素化)、Mind(意識)、Active(積極的)、Result(成果)、Time(時間)」の意味を込めました。

全庁で実施する3つの改革
 (1)意識改革
 (2)業務の効率化
 (3)事務事業の見直し

「20時退庁」「ノー残業デー」の全庁実施
 「意識改革」のスタートとして、平成29年2月1日から全庁で「20時退庁」、「毎週水曜日ノー残業デー」を開始します。
 「ノー残業デー」は毎週水曜18時に「ノー残業デーのアナウンス・区制70周年記念ソングの放送と一部消灯」、「20時退庁」は「20時退庁アナウンス・区制70周年記念ソングの放送」を実施(一部変則勤務等の職場を除く)。職員・来庁者向け周知用ポスターの掲示も行います。
 時間を常に意識し、「業務の効率化」と「事務事業の見直し」を行うことで、より効率的で効果的な仕事につなげ、ひいては区民満足度の向上を図ります。

署名する松原区長
署名する松原区長

署名する松原区長

大田区スマートワーク宣言
大田区スマートワーク宣言

大田区スマートワーク実施状況報告

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

企画課

電話:03-5744-1654
FAX :03-5744-1502
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)