このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の 長崎の伝統「凧揚げ」が多摩川の空に舞った!「長崎ハタ揚げ大会in東京」が行われました のページです。

本文ここから

長崎の伝統「凧揚げ」が多摩川の空に舞った!「長崎ハタ揚げ大会in東京」が行われました

更新日:2017年5月1日

日時 平成29年4月29日(土・祝)午前9時30分から午後2時30分
場所 六郷土手「多摩川緑地区民広場」(大田区西六郷二丁目、三丁目地先)
【概要】
 本日、長崎ビードロ会(長崎市人会)主催で、長崎の伝統的な凧揚げ「長崎ハタ揚げ大会in東京」が多摩川河川敷(六郷土手)で行われた。青空の下、子どもたちは小さな長崎ハタ(凧)や持参した凧を揚げて楽しんだ。また、長崎の伝統「龍(じゃ)踊り」や長崎名産品販売なども。会場には長崎の伝統にふれようと、親子連れなど2000名を超える人々が詰めかけ、ゴールデンウィークを満喫していた。
(内容)
毎年恒例となったこのイベントも、長崎ビードロ会(長崎市人会)が「東京でも在京長崎市出身者が毎年ゴールデンウィークにハタ揚げを楽しもう」と始めたもので、今年で56回目を迎えた。会場には、大田区の松原忠義区長も駆けつけ「長崎市とは、夏の花火の祭典でも長崎市長においでいただき、交流を続けています。また、今年は長崎に訪問する年でもあり、これからも交流を深めていきたい。」と挨拶すると会場から大きな拍手が起こった。
晴天に恵まれる中、空には虹もかかり、来場者達は空で楽しそうに飛び交う凧を見上げていた。(後援:長崎市、協力:六郷地区自治会連合会、京浜急行電鉄株式会社)
10:00 ミニ凧無料配布(小学生以下先着100名) 
11:00 腹話術
11:30 龍踊り
13:00 龍踊り
売店 ちゃんぽん、皿うどん、大村寿司(押し寿司)、角煮まんじゅう、ビール、ドリンク類、他 長崎物産品を販売。
【ハタ】とは一般的にいう「凧」のこと。長崎ハタは、1600年代にオランダ人が出島に持ち込んだと言われ、独特の図柄が描かれた菱形の凧。長崎市内で古くから親しまれている。
【龍(じゃ)踊り】中国で五穀豊饒を祈る雨乞い神事に始まったもの。諏訪神社の「長崎くんちの奉納踊(国の重要無形民俗文化財)」に奉納される長崎独特の異国情緒豊かな郷土芸能。その勇壮でエキゾチックな踊りは全国的にも有名。

問合先 長崎ビードロ会(東京長崎市人会)
事務所 03-5366-4888

写真:じゃおどりの様子

写真:会場で凧揚げをしている様子1

画像:会場で凧揚げをしている様子2

写真:小さなお子さんも上手に凧を揚げていました

写真:会場全体の様子

写真:虹がかかる空に凧が飛んでいる様子

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)