このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の 違いを知って共に支え合う心地よさを、体験しましょう!第10回おおたユニバーサル駅伝大会 のページです。

本文ここから

違いを知って共に支え合う心地よさを、体験しましょう!第10回おおたユニバーサル駅伝大会

更新日:2017年6月4日

日時 平成29年6月4日(日曜日)午前10時から午後2時
場所 大田スタジアム(大田区東海一丁目2場10号)と周辺コース
(概要)
10回目を迎える「おおたユニバーサル駅伝大会」は、大田区、大田区社会福祉協議会などとの共催事業としてNPO法人ジャパンユニバーサルスポーツ・ネットワークが実施する、ユニバーサルスポーツの大会です。抜けるような青空の下、選手27チームと運営ボランティア約800名が参加し、大田スタジアムにて開催されました。大田区は、本大会を大田区オリンピック・パラリンピックアクションプログラムの一環として支援・協力しています。
<ユニバーサル駅伝とは>
違いを認め合って支えあうことの楽しさを体験するスポーツです。様々な選手5人のユニバーサルチームを事務局が編成し、そこに中高生3名の伴走サポーターと学生2名のチームリーダーが加わり、10人が協力し合い、ランとウォークでタスキをつなぎます。

  • 一区間約1Kmのコースを5人の選手がタスキをつなぎます。
  • チームごとに、走る順序、総合目標タイムを決めて申告します。
  • 主催者が設定したタイム(非公開)に最も近いチームが入賞となります。

(内容)

  • 参加選手28チームと運営ボランティア約800名は青空の下、共に支えあって心地よい汗をかきました。
  • 11時10分に1組目の選手がスタートすると、東調布中学校のチアリーディング部も応援する中、各チームは助け合ってコースを走り始めました。約1時間の競技中、それぞれができることをし、笑顔のタスキをつなぎました。
  • チームで昼食をとった後にはストラックアウトやポールウォークなどのスポーツ紹介・体験等が行われました。
  • 松原忠義大田区長は、「10周年おめでとうございます。李(Lee)理事長は、10年この大会を続け、ここまで大会を大きくしてくれました。ありがとうございます。」「今年3月に「国際都市おおた宣言」を発表しましたが、こちらの大会でも初めて国際交流ブースを出展させていただきました。来〜る大田区大使の方々をはじめ、多くの方と交流を深めてまいりたいです。また、会場(大田スタジアム)のすぐ近くでは、東京2020大会のホッケー競技が開催されます。今後も、こうしたスポーツイベントで東京2020大会への機運醸成につなげていきたいと思います。」と言葉を寄せていました。

問合先 福祉管理課 電話03-5744-1242

写真:スタートの様子

写真:コースを走っている様子

写真:1964年東京オリンピックの金メダリスト 渡辺さんが車いすで走る様子

写真:一緒にゴールしている様子

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)