このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の 福祉サービスをチェック! 福祉サービス利用者の権利を擁護する「福祉オンブズマン」が平成28年度運営状況報告書を大田区長に提出しました のページです。

本文ここから

福祉サービスをチェック! 福祉サービス利用者の権利を擁護する「福祉オンブズマン」が平成28年度運営状況報告書を大田区長に提出しました

更新日:2017年6月6日

日時
平成29年6月6日(火曜日)午後1時30分から午後2時40分

場所
大田区役所 庁議室(大田区蒲田5丁目13番14号)

内容
「大田区福祉オンブズマン制度」とは、区が行い、または関与する福祉サービス(介護保険制度に係るサービスを含む)に関する区民の苦情などを公正かつ中立な立場で迅速に処理することにより、福祉サービスに対する区民の信頼を高め、福祉の一層の向上を図るための制度です。福祉に特化した苦情対応機関を区長の付属機関として設置しているのは、23区でも10区(注釈1)しかありません。
 このたび、福祉や法律の専門家である4名の大田区福祉オンブズマンが平成28年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日)の制度の運営状況をまとめ、松原忠義大田区長へ報告しました。
 当日は、福祉オンブズマンから区長に「大田区福祉オンブズマン制度 平成28年度運営状況報告書」を提出し、平成28年度の相談件数や苦情申立て件数、その概要について説明を行いました。
 福祉オンブズマンが苦情申立てを受け調査を担当した事例には、障がいや生活保護に関する支援への苦情が多くあり、福祉オンブズマンが苦情をもとに行政や民間事業所を調査し、その結果をまとめ、区に対し改善の勧告や申入れを行ったことなどが報告されました。
 区は区長に提出された報告書を、区の関係機関や民間事業所等へ配布し、福祉の一層の向上に役立てます。7月1日より、大田区ホームページで公表するとともに、区政情報コーナー、地域福祉課、生活福祉課、図書館などで配布します。また、平成27年度の報告書から音声版も作成しており、視覚障がいなどで文字による情報取得が困難な方への提供や大田区ホームページでの公開を行っています。なお、平成28年度の報告書の音声版は、平成29年9月公開の予定です。
(注釈1)特別区の統計 平成28年度版調べ

問合先
広聴広報課福祉オンブズマン担当 電話 03-5744-1130

写真:報告書を手渡された松原区長
報告書を手渡された松原区長

写真:福祉オンブズマンの皆さんと松原区長
福祉オンブズマンの皆さんと松原区長

写真:報告の様子
報告の様子

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)