このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の アゲハチョウの舞うおもてなしのまちづくり! 「バタフライガーデン」オープニングセレモニーを開催 東京2020大会に向けて「ブルートライアングルプロジェクト」を推進 のページです。

本文ここから

アゲハチョウの舞うおもてなしのまちづくり! 「バタフライガーデン」オープニングセレモニーを開催 東京2020大会に向けて「ブルートライアングルプロジェクト」を推進

更新日:2017年7月18日

日時:平成29年7月18日(火曜日)午前10時から午前10時40分

場所:東糀谷防災公園(わくわくランド) ビオトープ池周辺(大田区東糀谷四丁目5-1)

(内容)
 本日、東糀谷防災公園(愛称:わくわくランド)にて、東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けて、アゲハチョウの舞うおもてなしのまちづくりを推進しようと、「バタフライガーデン」オープニングセレモニーが開催されました。セレモニーには、地元の自治会・町会関係者、4保育園園児、障がい者施設利用者など161名が参加し、これからたくさんの蝶々が舞うことを願って、保育園児らによりクスノキの植樹やお花の水やりを行いました。その後、園児たちは元気いっぱいに合唱を披露し、この公園にたくさんのアゲハチョウが来るように願いを込めてしゃぼんだまを空いっぱいに飛ばしました。
 東糀谷防災公園(わくわくランド)は、平成22年から地元小学生、保育園児、障がい者施設利用者などが集う憩いの公園として、また、農園は子ども達の食育の場として活用されています。
 区は、東京2020オリンピック・パラリンピックを契機とし、アオスジアゲハの舞う公園づくり「ブルートライアングルプロジェクト」の一環として、東糀谷防災公園内に「バタフライガーデン」の整備工事を行いました。植樹したクスノキは、大田区の木であり、アオスジアゲハはクスノキの葉を食べて生育します。
 セレモニーに参加した、東糀谷三丁目町会C澤 敬地(よしざわ ひろくに)会長は、「平成10年から地域で力を合わせて守ってきたこの土地で、子どもたちの夢を乗せてオープニングセレモニーを開催することが出来、感無量です。」と語っていました。また、保育園児たちも、たくさんの蝶々が舞うことを楽しみにしている様子でした。

問合先
都市基盤整備部 地域基盤整備第二課(糀谷・羽田地域基盤整備事務所)電話:03-3741-1946

写真:植樹の様子

写真:しゃぼんだまを飛ばす園児

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)