このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の 全国14か所の「うのき」が大集合!秋田以外ではめったに見られない「なまはげ」が商店街を練り歩く!全国鵜の木まつりが開催 のページです。

本文ここから

全国14か所の「うのき」が大集合!秋田以外ではめったに見られない「なまはげ」が商店街を練り歩く!全国鵜の木まつりが開催

更新日:2017年7月24日

日時:平成29年7月19日(水曜日)から23日(日曜日)まで

場所:鵜の木銀嶺商店会ほか 大田区鵜の木2丁目15番1号

(概要)
 全国鵜の木まつりは平成元年から開催しており、今回で第29回目となります。東急多摩川線鵜の木駅を中心とした6商店会が鵜の木商店連合会として一丸となって行っています。
 北は北海道から南は鹿児島まで、全国の「うのき」14か所から取り寄せた物産品を販売、秋田の「なまはげ」が商店街を練り歩くなど、地域間交流としても注目されるイベントです。
 商店街イベントとしての事業規模は、区内でトップ3に入る大規模なイベントであり、東京都が平成27年度に開催した第11回東京商店街グランプリで優秀賞を受賞しました。

(内容)
19日から21日にかけては、買い物客へクジの配布が行われ、メインイベントの22日には、全国の「うのき」の特産品や、物産市や模擬店で使えるイベント券へのクジ交換会が行われました。
イベント広場では多摩川鵜の木子ども太鼓などが披露され、素晴らしいパフォーマンスに、観客からは大きな歓声と拍手が起きました。また15時30分頃からは、「泣く子はいねが」でおなじみの秋田県男鹿市のなまはげと鵜の木のゆるキャラ「うーちゃん」が登場し、商店街を練り歩きました。秋田県以外ではめったにお目にかかれない「なまはげ」がやって来るということもあり、多くの人が足を止めてなまはげの商店街巡礼を見物していました。子どもたちは迫力満点のなまはげの強面に驚いて泣き出したり、必死の形相で逃げ回ったり、鵜の木まつりの一大行事が、会場のお祭り気分を盛り上げました。
 お祭りに参加していた地元商店街の小幡 潔さん(66)は、「最初は小さなお祭りだったが、今年は29回目となり、年々お祭りの規模が大きくなってきた。」と、笑顔で語り、晴天の下でお祭りを盛り上げていました。
 23日は鵜の木まつりの最終日となっており、朝市が開催されました。

問合先 産業振興課  電話:03-5744-1373

メインイベントが行われた22日の様子

秋田県男鹿市のなまはげ

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)