このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の 大田区オリジナル!災害時、急坂でも安全に二人で病人搬送が可能 ものづくりの強みを生かして 車輪付き担架を開発・配備します のページです。

本文ここから

大田区オリジナル!災害時、急坂でも安全に二人で病人搬送が可能 ものづくりの強みを生かして 車輪付き担架を開発・配備します

更新日:2017年8月31日

日時
平成29年9月9日(土曜日)14時00分から お披露目&試乗会

場所
片柳学園3号館(大田区西蒲田5丁目23番22号)
地下1階 大講義室 及び ホワイエ

目的
区内の病院が偏在する中、防災の担い手の高齢化が進むなど、災害時の傷病者搬送が課題となっている。大田区のものづくりの強みを生かして車輪付き担架を開発・配備して、地域防災活動を支援することで課題解決を図り、医療救護活動に寄与する。
(1)仕様など
サイズ 2,575×950×670mm (使用時) (注釈1)傷病者を乗せる高さは600mm
重量  担架:6kg ,台車:16kg
イメージ図  別添1のとおり
(2)開発の特徴
地域住民の意見を反映(6月に訓練での使用、試作品評価会を開催)
急坂や踏切、悪路など区内各地域の特性を考慮  
区内中小企業と共同開発
(3)製品の特徴
ア.担架と台車(4輪)の分離方式を採用 
イ.移譲しやすく、搬送しやすい高さ設定
ウ.台車へのブレーキと車輪ストッパーの設置 
エ.台車の折りたたみ収納が可能
オ.類似品と比べ高機能で安価 
カ.ノーパンクタイヤの採用や安定性・耐久性の確保
(4)試乗会の開催
9月9日(土曜日)救急の日 大田区災害医療フォーラム(別添2)でお披露目&試乗会
(5)その他
9月中旬〜10月末に区内6地区の自治会・町会等に64台を配備。
9月23日(土曜日)緊急医療救護所の開設・運営訓練で本格的に使用を開始する。

問合先
健康政策部災害時医療担当課長 電話:03-5744-1264

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)