このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の 管理職から始める『働き方改革』!多様な人財の能力と活力を引き出す『働き方改革』を目指し、全管理職を対象に講演会を実施 のページです。

本文ここから

管理職から始める『働き方改革』!多様な人財の能力と活力を引き出す『働き方改革』を目指し、全管理職を対象に講演会を実施

更新日:2017年12月25日

日時
平成29年12月21日(木曜日)13時30分から15時

場所
大田区役所本庁舎11階 

内容
12月21日(木曜日)、平成29年度大田区職員研修「管理職講演会」を開催し、講師に、日本航空株式会社調達本部総合調達部部長の保科武彦氏を迎え、「〜日本航空の働き方改革〜多様な人財の能力と活力を引き出す『ワークスタイル変革』」と題して講演会を行いました。
これは、大田区の全管理職約180名を対象に実施したもので、民間における働き方改革の成功事例から区が取り組むスマートワーク推進に向けたヒントを得るとともに、管理職として必要なマネジメント能力の向上を図ることを目的に実施しました。
保科氏は、『ワークスタイルを変革するうえで、様々な課題が発生するが、まずは実行に移し、取組みを進めながら、課題に対応していくことが重要であり、管理職層から率先して改革に取組む姿勢を見せることが大切。』と実感を基に述べられました。
また、『定時退社を社員に促すだけでなく、職員の勤務管理や業務管理をしっかり行うことで、業務の効率、生産性の向上につなげることができる』と述べられました。
講演後の質疑応答では、「定時退社をどのように徹底しているか。」の質問に対し、保科氏は、『毎日定時に担当のグループ長が回って退社を促している。また、残業の事前申請を徹底させることで、社員自らが仕事の目途を立たせ、タイムマネジメントが実現している。』などの具体的な取組みについてご説明頂きました。
大田区では、昨年2月に「スマートワーク宣言」を行い、20時退庁、毎週水曜日ノー残業デー等に取り組んでいます。生産性高く、職員がやりがいをもって働き、成長する組織となれるよう、今回の学びを活かし、力強く取組みを進めていきます。

問合先
人事課研修担当(ダイバーシティ担当) 電話:03-5744-1156

講演会中の保科氏 
講演会中の保科氏 

活発な質疑応答が行われました
活発な質疑応答が行われました

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)