このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成29年度 の中の 昭和の海苔生産の様子など日常風景を展示 大森 海苔のふるさと館 開館10周年記念「写真でめぐる海辺の街の記憶」 のページです。

本文ここから

昭和の海苔生産の様子など日常風景を展示 大森 海苔のふるさと館 開館10周年記念「写真でめぐる海辺の街の記憶」

更新日:2018年3月6日

日時
平成30年3月20日(火曜日)から7月16日(月・祝)

場所
大森 海苔のふるさと館 2階企画展コーナー(大田区平和の森公園2-2)

開館時間 
9時から17時(6月から7月は19時まで)

休館日 
第3月曜日(祝日の場合は翌日)6月18日(月曜日)から6月22日(金曜日)

入館料 無料

内容
昭和10〜40年代を中心に撮影された、地域の方々から寄せられた写真を展示します。
大森 海苔のふるさと館は、大森ふるさとの浜辺公園に隣接する形で、平成20年4月に開館し、平成30年4月に開館10周年を迎えます。当館では、海苔養殖用具の保存・展示や海苔に関する体験イベントを通じて、江戸時代から昭和38年春までの約300年にわたって行われた海苔養殖の歴史・文化の継承活動や、海苔や大森ふるさとの浜辺公園に関する情報発信を行っています。これらの活動は元海苔生産者をはじめ、地域の方々に支えられています。
当館には開館以来、地域の方々から様々な写真が寄せられています。そこで本企画展では、10周年を契機に、それらの写真を展示し、地域の歴史を紹介します。写真には海苔生産風景、街並みの変化、神社の祭礼、日常風景など、撮影者にとって印象的な場面が記録されており、当時のありのままの様子、撮影者の心情が如実に伝わります。また、撮影場所や被写体説明などの情報を盛り込んだ解説文を通じて、写真に対する理解をより深めることができます。
展示を通じて、身近な地域の様子を振り返り、海辺の街に暮らす人々の「記憶」に耳を傾けていただければと思います。

展示資料
昭和10〜40年代前後に大田区沿岸部で撮影された写真 20点

問合先
大田区立郷土博物館 03-3777-1070
大森 海苔のふるさと館 03-5471-0333

昭和27年ごろ 正月の風景 平林きみ子氏・平林淳志氏所蔵
昭和27年ごろ 正月の風景 平林きみ子氏・平林淳志氏所蔵

昭和30年2月 ガスタンクからの大森の眺望 田中一實氏撮影
昭和30年2月 ガスタンクからの大森の眺望 田中一實氏撮影

昭和32年 貴船神社祭礼 伊藤きぬ氏所蔵
昭和32年 貴船神社祭礼 伊藤きぬ氏所蔵

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成29年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)