このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成30年度 の中の かつて羽田は海苔漁業が盛んだった 羽田空港跡地整備事業の工事用仮囲いで壁面展示(Vol.2) のページです。

本文ここから

かつて羽田は海苔漁業が盛んだった 羽田空港跡地整備事業の工事用仮囲いで壁面展示(Vol.2)

更新日:2018年5月10日

日時
平成30年5月初旬から7月下旬頃(予定)

場所
天空橋駅付近

内容
大田区では、2020年の概成をめざし羽田空港跡地第1ゾーン整備事業工事を行っていますが、その仮囲いを活用した壁面展示を昨年から実施しています。このたび、地域の皆様のご協力により、第二回の展示を行うことになりました。
今回の展示テーマは、「海苔漁業」です。羽田は昔、淡水と海水が混じりあう豊かな漁場をいかして、明治初期から海苔漁業が盛んに行われていました。海苔づくりは、春から夏にかけて海苔簀づくりや道具の手入れをし、その後網ヒビをはり、冬に収穫を迎えます。収穫時には、水の冷たさで手がかじかむと、舟に手をぶつけて感覚を取り戻すなど大変な作業でした。子供たちも、学校に行く前に海苔付け作業を手伝うなど、家族総出で繁忙期を過ごしていました。しかし、港湾整備に伴い、昭和38年春の収穫を最後に海苔漁業は幕を閉じました。より多くの方々に知っていただくため、今回は、海苔づくりに携わった方々の当時の工夫や苦労をお聞きし、当時の大田区の一大産業であった海苔漁業を展示しています。
前回同様、区内企業の印刷技術を駆使し、当時の海苔漁業の風景を大きく見せています。是非現地に足をお運びいただき、在りし日の海苔漁業の様子を取材してください。

展示テーマ 海苔漁業 
展示期間 平成30年5月初旬から7月下旬頃(予定)
展示場所 京浜急行空港線・東京モノレール天空橋駅徒歩1分
 
問合先
空港まちづくり課  電話 03-5744-1650

前回展示の様子
前回展示の様子

今回の展示写真等 左は昭和35年東京都内湾海苔漁場 右が平成25年の埋め立てが進められた東京都内湾
今回の展示写真等 左は昭和35年東京都内湾海苔漁場 右が平成25年の埋め立てが進められた東京都内湾

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成30年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)