このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成30年度 の中の 介護人材確保 with 蒲田女子高等学校 介護を支える世代の育成を目指して のページです。

本文ここから

介護人材確保 with 蒲田女子高等学校 介護を支える世代の育成を目指して

更新日:2018年6月12日

日時
職員の出前講座  6月18日(月曜日)22日(金曜日)26日(火曜日)29日(金曜日) 
生徒の介護体験  7月3日(火曜日)午前中
おおた福祉フェス 9月30日(日曜日)10時30分から16時

場所
職員の出前講座  蒲田女子高等学校(本羽田1丁目4番1号) 
生徒の介護体験  区内事業所15か所
おおた福祉フェス 大田区産業プラザ(南蒲田1丁目20番20号)
 
内容
高齢者の生活を支える介護サービスの人材確保や育成は全国的な課題であり、保険者の斬新的かつ効果的な取組みが求められています。そこで大田区では、将来に渡って安定的な介護サービスが提供されるよう、これからの介護サービスを支える蒲田女子高等学校の生徒に対し、介護の仕事への理解や必要性を感じてもらうよう職員による出前講座と生徒による介護体験を実施します。
この一連の活動を通じ、生徒が介護を地域の身近な課題としてとらえ、自ら活動していくきっかけづくりに役立てます。
介護体験では、高齢者とのふれあいや介護職員へのインタビュー、写真撮影などを生徒が行います。介護の仕事の魅力を伝える写真を一枚選び、学生自身のコメントを添え、9月30日に区内で開催される福祉フェス2018の会場に展示予定です。イベント当日には学生がボランティアで参加し、スタッフとして来場者に介護の魅力を伝えます。
学生が発見した介護の仕事の魅力を地域に発信することで、多様な人材の発掘を目指します。ぜひ取材にお越しください。

ステップ1 
介護職員による出前講座 (6月18日から6月29日のうち4日間)
区内の事業所や施設で働く職員が直接学校へ出向き講座を行います。介護の仕事の必要性や魅力を伝えます。

ステップ2 
生徒の介護体験 (7月3日)
出前講座を経て区内事業所及び施設を訪問し体験をします。高齢者とふれあい、インタビューをすることで介護の魅力を発見し、1枚の写真に収めます。訪問事業所は16か所の予定です。

ステップ3 
高校生による介護の魅力発信(9月30日)
おおた福祉フェス2018の会場で写真を展示します。学生が感じた視点を来場者に見ていただき介護の魅力を発信します。当日はボランティアとしても参加し、スタッフの一員として啓発活動をします。

問合先
介護保険課 介護サービス担当 電話 03-5744-1655

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成30年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)