このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成30年度 の中の 大正・昭和の日本画の巨匠 川端龍子 激動の時代を描いた31作品を展示 名作展「異国の情景 アジアへの熱情」 のページです。

本文ここから

大正・昭和の日本画の巨匠 川端龍子 激動の時代を描いた31作品を展示 名作展「異国の情景 アジアへの熱情」

更新日:2018年9月5日

日時
平成30年9月8日(土曜日)から12月9日(日曜日)9時から16時30分(入館は16時まで)

場所
大田区立龍子記念館(大田区中央4丁目2番1号)

内容
日本画家・川端龍子は、1930〜40年代の激動の時代を背景に南洋諸島やアジア大陸への熱情を表現しました。本展では、「椰子の篝火(かがりび)」(1935年)や「香炉峰」(1939年)等を展示し、異国の「風景」から「情景」を描きだした龍子の制作にせまります。出品作品・資料数31点(予定)。入館料は大人200円、小中学生100円(団体20人以上は大人160円、小中学生80円)、65歳以上、6歳未満無料

1 ギャラリートーク
開催中、展示作品のいくつかをピックアップして学芸員が解説するギャラリートークを大田区立龍子記念館で開催します
日時 平成30年9月30日(日曜日)、10月28日(日曜日)、11月25日(日曜日)各日13時から

2 鑑賞ガイド 「日本画の巨匠 川端龍子の戦前・戦中の作品を解説」
鑑賞のポイントを担当学芸員がわかりやすく解説します。戦前・戦中の龍子作品の中でも注目度の高い《香炉峰》(1939年)や《源義経(ジンギスカン)》(1938年)といった同展出品作を中心に、激動の時代を描いた龍子の使命感と制作に対する信念を豊富な資料とともに紹介します。
この講演会は、大田文化の森の文化活動を区民が主体となって運営する大田文化の森運営協議会と、大田区立龍子記念館が地域連携事業として平成29年度より実施し、今回が3回目の開催となります。
【日 時】平成30年10月13日(土曜日)10時から11時30分(開場は9時30分から)
【会 場】大田文化の森 5階 多目的室(大田区中央2丁目10番1号)
【参加費】無料 
【定 員】抽選で150名 【対 象】どなたでも
【講 師】大田区立龍子記念館 学芸員
【申込み】大田文化の森運営協議会ホームページもしくは往復ハガキ
【締 切】平成30年10月1日(月曜日)必着

主催 大田文化の森運営協議会

申込み等問合せ先 
大田文化の森運営協議会事務局 電話 03-3772-0770

問合先
観光・国際都市部 文化振興課 電話 03-5744-1627
大田区立龍子記念館     電話03-3772-0680

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

平成30年度

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)