このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の プレスリリース の中の 平成31年度・令和元年度 の中の 青龍社創立90年特別展「龍子と同時代の画家たち」 のページです。

本文ここから

青龍社創立90年特別展「龍子と同時代の画家たち」

更新日:2019年10月30日

日時
令和元年10月26日(土曜日)〜令和元年12月1日(日曜日)9時から16時30分(入館は16時まで)

場所
大田区立龍子記念館(大田区中央4-2-1)

(内容)
大田区立龍子記念館において、日本画家・川端龍子(りゅうし)(1885-1966) と同時代に活躍した日本画家たちの作品を展示します。龍子は「健(けん)剛(ごう)なる藝術(げいじゅつ)」を追求するため、自らの美術団体・青(せい)龍社(りゅうしゃ)を1929 (昭和4) 年に創立しました。本展では、今年が青龍社の創立から90 年になることを記念し、青龍社創立時のメンバーである安西(あんざい)啓(けい)明(めい)や小畠(こばたけ)鼎子(ていこ)、青龍社で活躍するも龍子のもとを離れ、独自の世界を開拓していった福田豊四郎(ふくだとよしろう)、落合(おちあい)朗風(ろうふう)、そして、戦後の日本画壇で風雲児と呼ばれた横山(よこやま)操(みさお)らの作品を出品します。
また、同時代の日本画壇の巨匠たちの作品として、横山(よこやま)大観(たいかん)、川合(かわい)玉堂(ぎょくどう)との深い交流により実現した龍子・大観・玉堂による「雪月花」「松竹梅」や、京都画壇において新感覚の日本画を追求した堂本(どうもと)印象(いんしょう)の作品もあわせて展示し、龍子が生きた時代の日本画の真髄に迫ります。

【入 館 料】
大人500円、小学生250円(団体20人以上:大人400円、小学生200円)
65歳以上(要証明)、6歳未満は無料
【関連イベント】
開催中、展示作品のいくつかをピックアップして学芸員が解説するギャラリートークを開催します。

〇ギャラリートーク 各日13時〜
日時:11月3日(日曜日)、11月17日(日曜日)、
12月1日(日曜日)
申込み:不要 / 参加費:不要
対象:どなたでも
内容:学芸員による展示解説

問合先
大田区立龍子記念館 電話:03-3772-0680

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

広聴広報課

電話:03-5744-1132
FAX :03-5744-1503
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)