このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 区政情報 の中の 東京オリンピック・パラリンピック大田区推進本部 の中の フォトニュース の中の オリンピアン・浅井えり子さんによるランニング教室開催 のページです。

本文ここから

オリンピアン・浅井えり子さんによるランニング教室開催

更新日:2015年1月9日

ソウルオリンピック女子マラソン日本代表・浅井えり子さんへのインタビュー

画像:浅井えり子さん
(上)インタビューに答える浅井さん

12月6日(土曜日)、大田スタジアムにおいて「大田スタジアムランニング教室」が開催されました。その講師を務めたのが、ソウルオリンピック女子マラソン日本代表・浅井えり子さん。実業団の陸上競技チームで活躍され、ソウルで行われたアジア大会、名古屋国際女子マラソンで優勝されました。様々な国際大会を経験した浅井さんへ教室開催前にインタビューを行い、大田区の皆さんへのメッセージをいただきました。

高校で始めた陸上競技。「ゆっくり走れば速くなる」の理論で才能開花

陸上競技を始めたのが遅かった浅井さん。「小学校、中学校と部活にも入らず、何にも運動をしていませんでした。高校入学後も最初は部活をやっておらず、友達に誘われて陸上部に入部することに。高校時代は、東京都大会でも予選落ちをするレベルでした。」
 社会人になって、佐々木功監督に巡り合い、一気に才能が開花します。「佐々木監督からは、基礎・基本から指導を受けました。アスリートの能力を引き出すのは、指導者によるものはとても大きいと思います。それまでは、(佐々木監督が提唱する)LSD (注釈1)注1)の理論を誰も知りませんでした。」1984年の東京国際マラソンで2位入賞を果たした浅井さん。1988年ソウルオリンピック女子マラソンの日本代表、1994年名古屋国際女子マラソンでの優勝など輝かしい成績を残しました。
(注釈1)1 LSD・・Long Slow Distanceの略 「ゆっくり長く走る練習」の意

区民がスポーツに親しむために、区ができること

画像:ランニング教室
(上)大田スタジアムランニング教室

実業団を退いた後の浅井さんは、選手としてマラソン大会に参加しながら、お住まいである足立区を中心に学生や地域の方々にランニングの指導をされています。ランニング教室で自治体と関わることが多い浅井さんに、スポーツ振興について聞いてみました。
1990年代半ばから、高齢者の方々が少しでも体を動かしてもらうことを目的にランニングセミナーを開催。中には、駅のホームへの上り階段でも息が切れてしまうような方もそのセミナーを受講していたそうです。そのセミナーの終了後には、受講生が自らランニングクラブを結成して活動を継続。10年以上経った今でも、活動を継続しているとのこと。「ランニングは何かきっかけがないと行わないんですよね。クリニックの中で、友達ができることで、長くスポーツを続けていくことができる。(自治体には)スポーツにふれるためのきっかけを作ってほしいですね。」
 多くの人がスポーツに触れ合うためには、区がそのきっかけとなるような機会を作ることが大きなポイントとなるそうです。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、開催都市ができること

2020年オリンピック・パラリンピック競技大会が東京に決定して以降、指導する学生たちには、「英語を勉強しておきなさい。」とおっしゃっているそうです。「来訪する外国人にとって、学生が英語で親切に案内してくれたら、日本の印象はとても良くなる。」
最後に、開催都市東京として、また、羽田空港のある大田区として何ができるのかを浅井さんに聞いてみました。「オリンピックに限らず、国際大会は出場している人よりも周りでサポートする多くの人たちに支えられています。だから、みんなで大会を作り上げていくという気持ちを持って欲しいですね。東京マラソンの出走者が感動するのは、あの切れ目ない応援があってのこと。選手も、ボランティアも、応援する人も一緒になって楽しむ。みんなが、一緒になって盛上げて、一緒に楽しんで欲しいです。」
5年後に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向け、大田区民がひとつになって盛り上っていきましょう。

情報をお寄せください。

大田区では、2020年の大会開催まで、このホームページでオリンピック・パラリンピックの魅力を発信していきます。
 今までオリンピック・パラリンピックに関わってきた方(選手、大会関係者、聖火ランナーetc)、当時の情報をお寄せください。ご了解いただける場合は、お寄せいただいた情報等をホームページ上に掲載させていただきます。
 下記問合せ先へご連絡をお願いいたします。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

フォトニュース

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)