このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 大田区からのお知らせ一覧 の中の 大田区からのお知らせ(目的別) の中の 子ども の中の 大田区奨学生を募集します のページです。

本文ここから

大田区奨学生を募集します

更新日:2017年5月8日

大田区では、平成29年4月に高等学校、高等専門学校、専修学校高等課程、大学、短期大学、専修学校専門課程に在学中の方で、経済的理由により就学が困難な方に奨学金を貸し付けます。

申込資格

(1)学校教育法で定める高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、専修学校高等課程または専門課程に在学中の方。
ただし、専修学校専門課程は修業年限が2年以上の学校に限ります。

サポート校、大学院は対象外です。
一度就職した後に進学された方や、大学等を卒業した後に再入学された方は対象外です。
平成28年度より通信制の学校に通われている方も貸付の対象となりました。

(2)経済的理由により就学が困難であること

(3)貸付けを開始する日において、引き続き1年以上区内に居住している保護者等から扶養されている方。

選考基準の目安

(1)世帯の所得(平成28年の世帯の総所得金額)について、下表をもとに選考します。

 下表の所得金額はあくまで概算です。世帯構成等の事情により増減します。

・住民票が一緒で、主たる生計維持者の扶養親族になっていない方の所得は合算します。

高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程の場合
世帯人員 所得金額 収入金額(参考)
2人 3,588,534円 5,160,668円
3人 4,406,382円 6,182,978円
4人 4,983,480円 6,870,533円
5人 5,465,268円 7,405,853円
6人 6,115,680円 8,128,533円
1人増すごとに 711,882円  
大学・短期大学・専修学校専門課程の場合
世帯人員 所得金額 収入金額(参考)
2人 4,784,712円 6,649,680円
3人 5,875,176円 7,861,307円
4人 6,644,640円 8,716,267円
5人 7,287,024円 9,430,027円
6人 8,154,240円 10,372,884円
1人増すごとに 949,176円  

(2)大学、短期大学、専修学校専門課程に在学中の方は、学業成績が5段階評価で概ね平均3.0以上の方。
高等学校、高等専門学校、専修学校高等課程に在学中の方は成績を問いません。

平均の求め方は、次のとおりです(途中、転校している方はすべての在籍校の成績で判断します)。

  • 1年生の場合は、卒業校の1年から3年(卒業学年)までの全成績の平均
  • 2年生以上の場合は、在学校の前学年までの全成績の平均

 
大田区奨学生は大田区奨学金貸付審議会で審査の上、選考されます。

申込者多数の場合は、選考基準を満たしている場合でも採用されない場合があります。

募集人員

  • 高等学校、高等専門学校、専修学校高等課程に在学中の方  25名程度
  • 大学、短期大学、専修学校専門課程に在学中の方 85名程度

貸付額及び振込時期

振込時期(月額奨学金は通常、年4回、3か月分ずつ振り込みます)

  • 4月末、7月末、10月末、1月末の年4回です。
  • 初回の振込時期は平成29年8月末です。(4月から9月までの6か月分)

貸付額 (無利子)

高等学校、高等専門学校、専修学校高等課程に在学中の方

【貸付月額】

  • 国公立   14,000円以内
  • 私立    26,000円以内

大学、短期大学、専修学校専門課程に在学中の方
【貸付月額】

  • 国公立   35,000円以内
  • 私立    44,000円以内

貸付期間

・平成29年4月分から正規の修業年限まで貸し付けます。

ただし、留年した場合や、保護者の方が区外転出の場合は貸付終了となります。
留学や病気等で休学された場合、その期間中は貸し付けを一時停止します。

募集期間 (願書配付及び申込受付期間)

平成29年5月8日月曜日から5月29日月曜日までの期間内です。

  • 土日祝日は除きます。
  • 受付時間は、午前8時30分から午後5時までです(昼休憩時の12時から13時の間はお待ちいただく場合があります)。
  • 願書等の配付は上記期間内のみです。期間外はお渡しできません。
  • 貸付全般の内容や添付書類の説明、また提出書類の確認作業を行うため、願書の配付及び提出は援護係窓口で行います。郵送は不可です。

  申し込みの際に必要な書類の中には、取り寄せ等に時間のかかるもの(推薦状、成績証明書など)がありますのでご注意ください。

申し込みの際に必要な書類(ご提出いただいた願書、添付書類等は返却できません)

申し込みの際に必要な主な書類は次のとおりです。下記以外にも書類が必要となる場合があります。
詳細は、願書受け渡し時に説明します。

・願書
  5月8日から区役所8階24番窓口 福祉管理課援護係で配付します。

・推薦状
  用紙は願書と一緒にお渡しします。在学校に依頼し、発行してもらってください。

・成績証明書または調査書
  大学、専門学校等に在学中の方のみ必要です。在学または卒業した学校に依頼し、発行してもらってください。
  下記【成績証明書について】欄を参照

・平成28年分 源泉徴収票または確定申告書の写し
  下記【世帯の所得について】欄を参照

・住民票(発行日が3ヶ月以内のもの)
  本籍、続柄が記載されている世帯全員のものが必要です。


連帯保証人が申込者と別世帯の場合、このほかに以下の書類が必要です。

・連帯保証人の平成28年分源泉徴収票または確定申告書の写し

・連帯保証人の住民票(発行日が3ヶ月以内のもの)
 本籍、続柄が記載されているものが必要です。



【成績証明書について】
・1年生の場合
  卒業校の1年から3年の全成績の載っている成績証明書
・2年生以上の場合
  在学校の前学年までの全成績の載っている成績証明書

転校等がある方で、最終の在学校の成績証明書に以前在籍した学校の成績が表示されていない場合は、両方の成績証明書が必要です。

【世帯の所得について】
源泉徴収票または確定申告書の写しで確認します。
住民票が一緒で、主たる生計維持者の扶養家族になっていない方の分はすべて必要です。合算して世帯所得を算出します。

【連帯保証人について】

申し込みの際に奨学生とともに返還義務を負う連帯保証人が1名必要です。
連帯保証人の要件は次のとおりです。

・安定した収入があり、十分な返済能力のある方

・上記に該当すれば、同一世帯の家族でも連帯保証人になることができます。

【返還方法について】

奨学金は奨学生本人への貸付制度です。奨学生には将来返還義務が生じます。

(1)卒業後、1年間の据置期間を経てから返還が開始されます。
  留年、保護者の区外転出などで就学中に貸付終了となった場合は6か月後から返還開始です。

(2)年1回、年2回または毎月払いで20年以内に返還しなければなりません。

【返還を延滞した場合について】

・貸付金は無利子で貸し付けますが、最長20年間の期限内に返還できなかった場合は、返還未済額に対して年10.95%の延滞金が加算されます。

・滞納者については、奨学生、連帯保証人に対し電話や文書による督促を行います。
 督促にもかかわらず、誠意が見られない場合には、民事訴訟法に基づく法的措置をとることがあります。

[参考]
貸付総額
【高等学校等在学中の3年間、上限額の貸し付けを受けた場合】
国公立 504,000円
私立   936,000円

【大学等在学中の4年間、上限額の貸し付けを受けた場合】
国公立 1,680,000円
私立   2,112,000円

願書配付及び申込先

福祉管理課援護係(大田区役所8階24番窓口)

電話:03-5744-1245
FAX:03-5744-1520

関連リンク

奨学金貸付制度

よくある質問

お問い合わせ

福祉管理課

電話:03-5744-1245
FAX :03-5744-1520

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)