このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 職員募集 の中の 区長のごあいさつ のページです。

本文ここから

区長のごあいさつ

更新日:2016年3月22日

区長のごあいさつ


松原忠義区長

大田区は23区内で最大の面積を有し、人口は71万人を超え、全国的にみても大規模な自治体です。また、世界の主要都市とつながる羽田空港、高度な技術力を持つ町工場、賑わい溢れる商店街など、多くの魅力と可能性を併せ持ったまちです。
今年は、「暮らしてよし、訪れてよし、地域力あふれる 国際都市おおた」の実現に向け、大田区ならではの先駆的な取り組みを進めています。

大田の未来を担う子どもたちの成長を育むため、妊娠届を提出した妊婦全員に対する保健師などによる面談や、保育園待機児童解消に向けた対策強化など、出産から育児まで切れ目ない支援を行っています。また、全国初の大都市モデル「大田区元気シニア・プロジェクト」の展開による日本一元気な高齢者が暮らすまちの実現、ものづくりのまち大田ならではのオーダーメイド型福祉用具の製作、福祉と医療のさらなる連携強化などを通じて、住み慣れた地域で誰もがいきいきと暮らせるまちづくりを進めています。
2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、「新スポーツ健康ゾーン」の整備や競技会場の誘致など、次世代に夢と遺産(レガシー)を残すとともに、全国に先駆けてスタートした「特区民泊」の取り組みを着実に実施し、観光や産業施設との連携を強化しながら、多くの来訪者を「おもてなしの心」で迎えます。
将来の人口構成の変化を見据えた都市の将来像を区民の皆さまと共有し、地域特性を活かした魅力あるまちづくりを進めています。
「羽田空港‐蒲田‐大森‐臨海部」の陸・海・空の交通結節機能を強化した「スクエア」なまちづくりをはじめ、18色のまちづくり(注釈1)や新空港線の整備を進めるなど、環境にやさしい暮らしやすく賑わいのある「国際都市おおた」にふさわしいまちづくりを加速しています。

平成29年3月15日に大田区は区制70周年を迎えます。これを、新しい時代に向けた変革に取り組む門出と位置づけ、東京オリンピック・パラリンピックへのターニングポイントとして大いに盛り上げていきます。
若い皆さんの感性や情熱、そして行動力を存分に発揮できるステージが、我が大田区役所にはあります。私とともに71万区民の未来を築きましょう。

(注釈1)区内には、18カ所の特別出張所があり、それぞれに地区の特色を活かしたまちづくりを進めています。


  

お問い合わせ

人事課
電話:03-5744-1152
FAX :03-5744-1507
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)