このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 地域社会 の中の 区民協働 の中の 助成金情報(地域力応援基金助成事業) の中の 【募集】新型コロナウイルス感染症対策区民協働事業(地域力応援基金助成金)について のページです。

本文ここから

【募集】新型コロナウイルス感染症対策区民協働事業(地域力応援基金助成金)について

更新日:2020年10月9日

 区は、新型コロナウイルス禍で区民生活の向上やまちづくりなど地域貢献かつ、区が取り組む「新型コロナウイルス感染症拡大の防止と区民生活及び区内経済等を支える緊急対応」に寄与する活動に助成し、区民活動団体を支援いたします。
 つきましては以下のとおり事業を実施する団体を募集します。
 ぜひ、本助成事業をご活用いただき、コロナ禍での活動にお役立てください。

 なお、本助成事業について、申請等をサポートするために質疑応答(Q&A)のページを別途作成しています。

【申請Q&A】新型コロナウイルス感染症対策区民協働事業(地域力応援基金助成金)

1 助成内容

助成対象団体
大田区区民協働推進条例第2条第4号に規定する区民活動団体で、令和2年4月1日現在、規約・定款等を定め活動を行っている団体《区民活動団体の定義: 区民活動を行うことを主たる目的とし、継続性を持つ団体であって、区内で活動する団体》
 ただし、以下の項目等に該当する団体は申請できません。(注釈1)詳細はお問い合わせください
(1)他の助成制度から申請事業と同一の事業又は同一の事業と判断できる事業で助成を受けるとき、及び受けることを決定しているとき。
(2)新型コロナウイルス感染症対策区民協働事業(地域力応援基金助成金)交付要綱に基づき、同一団体が複数の事業について申請しようとしているとき。
(3)他の地域力応援基金助成事業において交付決定の取消しを受けたことがあるとき、又は受けた団体と同一の団体であるとみなされるとき。

助成対象事業
 区民を対象とし、公益性が認められ、地域貢献につながり、広く地域に開かれた非営利事業で、次の要件を満たす活動。
(1)新型コロナウイルス感染症により影響を受けている区民生活の向上に寄与すると認められる下記のいずれかの活動
  ア 感染拡大抑止につながる意識向上を図る啓発活動
  イ 区民生活を支援する活動
(2)申請時において事業が終了している、又は経費を含み事業の計画が確定している活動

助成事業の対象期間
令和2年5月8日(金曜日)から令和3年3月31日(水曜日)の期間で開始し、終了すること

助成金額
 地域とともに活動する地縁活動は、1団体あたり上限10万円まで
 特定の課題に取組むテーマ型活動は、1団体あたり上限5万円まで

助成対象経費
費目 具体的な内容の例
謝 礼 1 感染防止啓発を図る講演の実施などにおける外部講師への謝礼
 外部講師謝礼の目安(区の研修基準に準ずる)
 15,000円/時間(大学教授、弁護士、公認会計士、医師、著名民間学者)
 12,000円/時間(大学准教授、民間専門研究者、税理士)
 8,000円/時間(大学講師・助手、民間企業管理者、民間技術者)
 5,000円/時間(官公庁係長級以下の職員、その他)
2 啓発事業等における団体外部協力者に対する謝礼
 事業当日及び準備に限り、1日2,000円を上限
消耗品費 1 感染防止啓発に要すコピー用紙などの消耗品の購入
2 感染対策に必要なアルコール消毒液などの消耗品の購入 など
印刷製本費 感染防止啓発用チラシ・ポスターなどの印刷費
使用料 感染拡大防止啓発活動の会場使用料やリース機器等の賃借料 など 

上記の費目に限り、新型コロナウイルス感染拡大防止の啓発又は感染対策に要す経費が助成の対象となります。

2 申請方法

申請期間
 11月2日(月曜日)〜12月15日(火曜日)の17時まで【厳守】

提出する書類
(1)申請時に事業が終了し対象経費が確定している団体
 交付申請書兼事業報告書、領収書、団体の規約・定款等、事業のチラシなど
(2)申請時に事業が終了していない団体
 交付申請書兼事業計画書、支払金額を確認できる書類、団体の規約・定款等、事業のチラシなど

提出の方法
 申請期間内で、区役所6階区民協働窓口(27番)に持参、もしくは郵送(消印有効)

申請に関する相談
 申請期間前・期間中の相談は随時受付。
 なお、お電話等で予約いただいた団体を優先します。

3 その他

交付決定
 受付終了後、申請書等を確認のうえ、申請内容が本助成事業に適切であるか審査し、交付の決定をします。

質問について
 助成事業に関するお問い合わせにつきまして、下記の質問票をご活用ください。

助成金の支払い
(1)申請時に事業が終了している団体
 交付決定後に口座にお支払いします。
(2)申請時に事業が終了していない団体
 事業の完了時に提出される事業報告書及び領収書等を確認し、交付額を確定のうえお支払いします。

申請事業の公表
 申請いただいた事業の内容は、コロナ禍における活動を広く紹介する意味から区のホームページ等で公開します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域力推進課区民協働・生涯学習担当

電話:03-5744-1204
FAX :03-5744-1518
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)