このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 地域社会 の中の 区民協働 の中の 助成金情報(地域力応援基金助成事業) の中の 【申請Q&A】新型コロナウイルス感染症対策区民協働事業(地域力応援基金助成金) のページです。

本文ここから

【申請Q&A】新型コロナウイルス感染症対策区民協働事業(地域力応援基金助成金)

更新日:2020年10月27日

《10月23日更新》
 新たなQ&Aを追加し更新しました。

 このたびの新型コロナウイルス感染症対策区民協働事業(地域力応援基金助成金)の募集にあたり、申請等に関する質疑応答(Q&A)を掲載します。
 今後、区民活動団体の皆様からいただいたご質問等も随時掲載してご提供します。

よくある質問

 本助成事業につきまして、10月9日の発表以降、いろいろとお問合せをいただいております。いただいたご質問の中から、申請をお考えの団体様にご紹介したい内容をピックアップしてご案内します。

Q 対象となる事業をもう少し具体的に解説してください?
A 対象となる事業は2種類です。
(1)感染拡大抑止となる啓発活動。
 チラシやポスターなどでの感染防止の呼びかけ、コロナ禍でもできる自宅での体操の講演など、コロナ禍で感染防止につながる啓発活動となります。啓発活動に係る支出で対象経費に該当するものであれば申請いただけます。
(2)区民の生活を支援する活動。
 高齢者や子供の見守り・相談、地域内の交通安全活動、防災活動、スポーツの推進活動、文化の推進など団体が普段から行っている区民生活を支援する活動となります。活動の中でも具体的に区民の支援を行う中で感染症防止に必要な消耗品購入の経費を申請いただけます。
 どちらの活動でも、会議、会合、打合せなど区民に直接的に関わる部分と判断できない経費は申請の対象外とさせていただいています。

Q 他の助成を受け事業を実施しているが、そちらでは感染対策の経費を修正申請する予定はないので、感染対策経費のみこちらの助成に申請することは可能ですか?
A 地域力応援基金助成事業では、すでに他で助成を受けている事業については対象外とさせていただいております。当該基金を活用した本助成事業においても、事業の一部として感染対策経費だけの申請であっても対象にはなりません。なお、他の助成事業について、コロナ対応のための計画修正を受付けている場合がございますので、ご活用されている助成事業の担当にご相談されてはいかがでしょうか。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域力推進課区民協働・生涯学習担当

電話:03-5744-1204
FAX :03-5744-1518
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)