このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 福祉 の中の 社会福祉法人の認可等・指導検査 の中の 社会福祉法人の指導監査関係 のページです。

本文ここから

社会福祉法人の指導監査関係

更新日:2017年10月20日

社会福祉法人の指導監査要綱等について掲載しています。

社会福祉法人 指導監査実施要綱・ガイドライン

平成29年完全施行の社会福祉法の改正の柱の一つとして、行政の関与の在り方として、「所轄庁による指導監督の機能強化」が挙げられています。
社会福祉法人に対する指導監督については、ガバナンス強化等による法人の自主性・自律性を前提とした上で、国の基準を明確化(ローカルルールの是正)し、指導監査の効率化・重点化を図るものとされました。
このため、「指導監査実施要綱」「指導監査ガイドライン」(以下、「国要綱等」という)が制定され、全国の所轄庁がこの国要綱等に従って、社会福祉法人に対する指導監査を実施することとなりました。
大田区においても平成29年度の指導監査から、国要綱等を適用して、指導監査をしてまいります。

実施要領

国要綱に定めのない事項を補足するため区要領を新設致しました。

区要領のポイント

今後の社会福祉法人指導監査は、国の統一基準である「指導監査ガイドライン」に定められた、指導監査の確認事項や着眼点、指摘基準等に基づき実施することを明記しました。
このほか、「法人監査の実施方針及び実施計画の考え方」(第3条、第4条)、「一般監査及び特別監査の実施の詳細」(第7条から第13条)等について規定しています。

実施方針

法人の自主性・自律性を持った運営を前提とし、経営組織に対するガバナンスの強化、法人運営の透明性確保、適正かつ公な支出管理等、社会福祉法人が備えるべき公益性等の徹底に主眼を置いて、大田区長所轄の社会福祉法人を対象とした平成29年度の指導監査を以下のとおり実施することとしました。

平成29年度一般監査の重点事項

改正後社会福祉法に基づく運営体制が確保されているかどうかを確認することを主眼として重点項目を定めました。また、運営体制の確保の確認に当たっては、特に以下の3つの事項を重点的に確認してまいります。
ア 評議員、評議員会に関する事項
イ 評議員、理事、監事及び会計監査人の報酬に関する事項
ウ 事業運営の透明性の向上に関する事項

指導監査結果の公表について

平成29年度以後公表される社会福祉法人の現況報告書において、「ガバナンスの強化・財務規律の確立に向けた取り組み状況」として、指導監査の結果所轄庁から求められた改善事項と、実施した改善内容を記載することになりました。

各法人の現況報告書は、独立行政法人福祉医療機構のホームページにある「財務諸表等電子開示システム」において掲載されています。

以下のリンク先にある各法人別のページの中に、財務諸表等電子開示システムの各法人ごとのページへのリンクを掲載しています。

社会福祉法人情報(大田区内に主たる事務所があるもの)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉管理課

電話:03-5744-1215
FAX :03-5744-1520
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)