このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 福祉 の中の 障害者の支援(難病の方への支援を含む) の中の 障害のある方の医療 の中の 心身障害者(児)医療費の助成(マル障受給者証) のページです。

本文ここから

心身障害者(児)医療費の助成(マル障受給者証)

更新日:2018年6月11日

このページでは、東京都が行っている「心身障害者医療費助成制度(通称「マル障」)」についてご案内します。
マル障では、保険証を使って、病院、診療所で診察・投薬を受けたときに、窓口で支払うはずの自己負担分に対し助成がされます。

対象者

次の(1)から(3)すべてに該当する方

(1)65歳未満の方
 65歳以上の方でも都外から転入された方で、65歳未満で障害認定を受けた方は、該当する場合がありますのでお問い合せください。

(2)身体障害者手帳1級、2級(内部障がいにあっては3級、また内部障がいが4級であっても障がいの重複により手帳3級と認定された方も含む)または、愛の手帳(東京都発行)1度、2度の方
(内部障がいとは、心臓、じん臓、肝臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がいのことです。)

(3)国民健康保険または社会保険の加入者

精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方は、平成31年1月1日から対象となります。

 平成30年11月1日から事前申請の受付の開始を予定しております。また、制度改正時の経過措置として、以下の(1)(2)の両方を満たす方は、申請受付開始(平成30年11月1日)から平成31年6月30日までは、マル障申請時の年齢が65歳を超えていても申請を受け付けます。

(1)年齢
平成31年1月1日の時点で65歳以上の方または64歳の方で同年6月30日までに65歳になる方(誕生日が昭和29年7月1日までの方)
(2)精神障害者保健福祉手帳1級(注釈1)をお持ちの方 
 (注釈1)手帳交付日が平成30年12月31日以前で、かつ平成31年1月1日以降の有効期限が残っている手帳に限る

助成の制限

次のいずれかにあてはまる方は助成が受けられません。
(1)生活保護を受けている方
(2)公費により医療費が賄われている施設に入所している方
(3)本人(未成年者は世帯主等)の所得が下記の限度額以上の方

本人所得(未成年者は世帯主等)

 扶養親族の数
 0人 3,604,000円
 1人 3,984,000円
 2人 4,364,000円
 3人以上1人増すごとに 380,000円加算
 

申請窓口および申請手続に必要な書類

障害福祉課障害者支援担当

 電話:03-5744-1251
 FAX:03-5744-1555
申請および手続きできる内容
 新規申請(等級、度の変更、区外転入)、再交付、転居、保険変更、その他の変更、医療費払い戻しの申請
必要書類

  • 身体障害者手帳、愛の手帳(東京都発行)
  • 健康保険証
  • 印かん(スタンパー不可)
  • 平成30年1月2日以降、大田区に転入された方は、前住所地の区市町村が発行した所得(課税)証明書等(住民税額、各種控除額が記載されたもの)

各地域福祉課

各地域福祉課 問い合わせ先(大森庁舎、蒲田庁舎、調布庁舎、糀谷・羽田庁舎)

申請および手続きできる内容
 新規申請のみ(等級、度の変更、区外転入)、手帳申請時受付
必要書類

  • 健康保険証
  • 印かん(スタンパー不可)
  • 平成30年1月2日以降に、大田区に転入された方は、前住所地の区市町村が発行した所得(課税)証明書等(住民税額、各種控除額が記載されたもの)

助成の範囲

 健康保険証を使って病院、診療所で診療、薬剤の支給など保険診療を受けた費用のうち自己負担分を除いた額。
 ただし、入院時食事療養・生活療養標準負担額は助成しません。

高齢者の医療の確保に関する法律(高確法)改正に伴い、平成30年8月1日からマル障自己負担上限額が変わります。

高確法の改正により高額療養費の負担上限額が改定されたことに伴い、平成30年8月1日からマル障課税者(マル障・一部の受給者証をお持ちの方)の窓口で負担する額について、以下お知らせのとおり変更なります。

助成方法

  • 交付を受けた「マル障受給者証」を健康保険証と一緒に取り扱い医療機関の窓口に提出してください。
  • 都外の医療機関で診療した場合は、保険診療の自己負担を支払った領収書を受け取って後日、下記のものを持参のうえ、払い戻しの申請をしてください。

払い戻しに必要な書類

(1)領収書(患者氏名、診療期間、医療機関、保険総点数、領収年月日、医療機関名および印のあるもの)領収書は受診月ごとにまとめたうえ、一括して請求してください。
注意:単なるレシートは不可(領収書と同じ内容を記入してもらってください)
(2)マル障受給者証
(3)健康保険証
(4)印かん(スタンパー不可)
(5)本人の銀行口座(普通、当座のみ)のわかるもの(通帳等)。ゆうちょ銀行の場合は振込用の店名、口座を印字済のもの。東京都に支店のない金融機関(地方信用金庫等)は不可

 領収書を確定申告等で必要とする方は、コピーと原本の両方をお持ちください。

(ご参考)後期高齢者医療制度について
 65歳から74歳で次に掲げる一定の障がいのある方は後期高齢者医療制度にご希望で加入できます。詳細は下記後期高齢者医療制度の問い合わせまでお問い合わせください。

 ・身体障害者手帳1級から3級または4級の一部
 ・愛の手帳1度、2度
 ・精神障害者保健福祉手帳1級、2級

   後期高齢者医療制度の問合先
    国保年金課後期高齢者医療資格係 
    電話:03-5744-1608 FAX:03-5744-1677

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

障害福祉課

電話:03-5744-1251
FAX:03-5744-1555
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)