このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の 感染症 の中の インフルエンザ の中の 家庭での看護のポイント のページです。

本文ここから

家庭での看護のポイント

更新日:2016年4月1日

 家族がインフルエンザに感染してしまった場合、同居している家族への感染を防ぐことは困難かもしれません。ただし、できるだけ感染しないように、以下のことを心がけましょう

患者であるあなたは

  • 「咳エチケット」を守りましょう
  • 手をこまめに洗いましょう
  • 水分補給と十分な睡眠を心がけましょう
  • 毎日1回は体温を測り、記録しておきましょう
  • 可能なら別の部屋で過ごしましょう
  • 処方された薬は、症状がなくなっても最後まで飲みきりましょう
  • 症状が悪化する場合は、診断された医療機関に相談しましょう

患者の同居者は

  • マスクの感染予防効果は限定的ですが、患者と接するときには、不織布製マスクを着用しましょう
  • 患者の看護をしたあとなど、手を流水と石けんでこまめに洗いましょう
  • 可能なら患者と別の部屋で過ごしましょう
  • 家族も発症することがあるので、1週間位は毎日体温を測るなど、健康観察を心がけましょう
  • 部屋の換気(1時間に数回)しましょう
  • 加湿(湿度50から60%)を心がけましょう
  • 患者の使用した食器類や衣類は、通常の洗浄・洗濯及び乾燥でかまいません。
  • 患者が使用したマスク、ティッシュはビニール袋に入れて廃棄(可燃ごみ)してください。

インフルエンザウイルスに対する消毒について

インフルエンザウイルスに対する消毒方法は、下記のPDFファイルをご覧下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問合せ

感染症対策課

電話:03-5744-1263
FAX :03-5744-1524
お問い合わせメール

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)