このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の 感染症対策 の中の ジカウイルス感染症 のページです。

本文ここから

ジカウイルス感染症

更新日:2017年4月24日

ジカウイルスに感染することでおこる感染症です。
2〜7日の潜伏期間を経て、軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などを主な症状として発症します。感染しても無症状または軽症で済むことが多い感染症ですが、妊娠中の感染と胎児の小頭症の関連性が示唆されているため、注意が必要です。

感染経路

ウイルスをもった蚊に刺されることで感染します。
ウイルスに感染した患者を蚊が吸血し、蚊の体内でウイルスが増殖、その蚊が他者を吸血することで感染が拡がります。
また、輸血や性行為によっても感染します。

流行地域

中南米、米国(フロリダ州、テキサス州の一部)、東南アジア等の地域。
 現在のところ日本国内で感染した症例はありません。流行地域で感染し、国内で発症した症例はあります。

治療方法

ジカウイルスに対する特効薬はありません。治療は、症状に対する治療(対症療法)となります。

予防方法

流行地域に出かける際は、長袖・長ズボンを着用する、虫よけスプレーを使用するなど蚊に刺されないように注意することが必要です。
また、流行地域から帰国した人は症状の有無にかかわらず、少なくとも6か月間、パートナーが妊娠中の場合は妊娠期間中、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることが推奨されています。妊娠を予定している方については、帰国後6か月間は妊娠を控えることが推奨されています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ ジカウイルス感染症について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。FORTH厚生労働省検疫所 新着情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国際感染症センター 国際感染症対策室

お問合せ

感染症対策課

大田区蒲田5丁目13番地14号
電話:03-5744-1263
FAX :03-5744-1524
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)