このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の こころの健康(自殺総合対策、うつ病、ひきこもり、精神家族会など) の中の 大田区自殺データ のページです。

本文ここから

大田区自殺データ

更新日:2017年8月25日

自殺の現状

全国では、平成10年以降14年連続で約3万人の方が自殺で命を失っています。徐々に減少していますが、平成27年の人口動態統計によると全国で23,152人が亡くなっています。

全国の自殺者数年次推移

全国の自殺者数年次推移

大田区自殺者数年次推移

自殺死亡者数の年次推移(大田区)

・毎年100人以上の人が自殺で命を亡くしており、平成27年は103人でした。
・男性は女性の約2〜2.5倍となっています。

全国・東京都・大田区の自殺死亡率の比較(人口10万対)

全国・東京都・大田区の自殺死亡率の比較(人口10万対)

・人口10万人あたりの死亡率を示しています。
・平成27年は、全国18.5、東京都17.0、大田区14.5でした。
・大田区は東京都と同程度の死亡率で推移しています。

大田区の年代別自殺者数(平成28年)

平成24~28年大田区自殺者年代別割合
特に40代・50代の自殺者が多くなっています。

大田区の年齢階層別主要死因

大田区年齢階層別死因

・平成24年から28年の死亡者数の累計値での順位です。
・10代から30代の死亡数は、「自殺」が主要死因の1位です。
(注釈1)「悪性新生物」は「がん」のことです。

大田区年代別自殺率(人口10万対)

大田区年代別死亡率(人口10万対)の推移(平成24〜28年)
 平成28年は27年と比較し、40代までと80歳以上で、死亡率が上昇しています。

平成24年〜28年大田区自殺者職業別割合

平成24年〜28年 大田区自殺者職業別割合

無職者が多い状況です。

「その他無職者」は生計を家族に頼っているものでアルバイト等の収入だけで生活できないもの、勤労する意思のないものなどが該当します。

お問い合わせ

健康医療政策課

電話:03-5744-1728
FAX :03-5744-1523
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)