このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の ペット(犬・ねこ) の中の 犬や猫を飼うときのルールとマナー のページです。

本文ここから

犬や猫を飼うときのルールとマナー

更新日:2016年10月12日

動物は様々なかたちで、私たちの生活を豊かにしてくれる、かけがいのない存在です。
 しかし残念なことに、ルールやマナーを守らないために、気づかずに近隣に迷惑をかけてしまう場合があります。

犬の飼い方について

トイレは自宅で済ませましょう

自宅の決まった場所でトイレを済ませる習慣をつけておくと、道路などを汚すことがないだけでなく、車の通行を心配しながら路上でフンを拾うこともなくなります。
  それでも散歩中にフンをしてしまったら、そのままにせず、自宅へ持ち帰り始末しましょう。尿はペットボトルなどに入れた水できちんと洗い流して、その場を汚さないようにする気配りが大切です。

できれば室内で飼いましょう

犬は群れで暮らす習性を持っていて、屋外の犬小屋に一匹で置かれるよりも、飼い主さんのそばで暮らす方が幸せです。無駄吠えなどの問題行動もしつけをすることで、屋外飼育に比べて改善されます。

放し飼いは危険です

犬の放し飼いや外出の際に犬を放したりすることは、人を咬んでしまう事故を招くだけでなく、飼い犬が交通事故にあったりして、非常に危険です。リード(引き綱)などで飼い犬を確実につなぎ、犬のとっさの行動に対応できるようにリードは短く持ちましょう。なお伸縮リードは、確実な制止が困難になるので注意してください。
  自転車での散歩は、犬の突然の動きに対応することができません。飼い主だけでなく、周りの人を巻き込む重大な事故に起こす恐れがあるため大変危険です。

猫の飼い方について

完全屋内飼育のすすめ

猫は、飼育環境を工夫して馴らせば、室内飼育でもストレスをためず、健康に飼うことができます。屋外では、交通事故や猫同士のけんか、感染症など多くの危険にさらされます。安心して飼うためにも室内で飼いましょう。

去勢不妊手術の助成制度があります

手術により発情期の鳴き声が抑えられ、マーキングによる強い臭気もなくなり、一年中穏やかに暮らすことができます。区では指定病院での手術料金の一部を助成しています。

迷子札などを装着しましょう

災害時や迷子になった場合でも、飼い主の連絡先を記載した迷子札などを付けていれば、早い発見につながります。

住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン

ペットと暮らすシニア世代の方へ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都パンフレット(PDF:1,295KB)

動物愛護関係へリンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省「動物の愛護と適切な管理」

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都「動物の愛護」

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

生活衛生課環境衛生

大田区大森西一丁目12番1号
大森地域庁舎6階
電話:03-5764-0670
FAX :03-5764-0711
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)