このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 保健・衛生 の中の 予防接種 の中の 日本脳炎定期予防接種について のページです。

本文ここから

日本脳炎定期予防接種について

更新日:2017年7月31日

第1期(3回接種)について

対象年齢

生後6か月から7歳6か月に至るまで(7歳6か月を迎える1日前までとなります。)

標準的な接種期間

・初回2回 : 3歳から4歳に達する前日まで
 接種間隔 : 1回目接種後、6日から28日の間隔をおいて2回目接種
・追加接種 : 4歳から5歳に達する前日まで
 接種間隔 : 初回2回接種後、概ね1年後に接種

第2期(1回接種)について

 平成17年5月より、日本脳炎予防接種第2期については、接種をご希望の方のみ接種を行っていましたが、平成25年4月1日より、第1期(3回接種)と同様に、皆様に接種を受けていただく取扱いになりました。接種がお済でない方は、接種をお受けください。

対象年齢

9歳から13歳未満まで(13歳の誕生日を迎える1日前までとなります。)

標準的な接種期間

9歳から10歳に達する前日までに1回接種

接種の特例の対象者

 接種のご案内を行っていなかった期間で、第1期(3回接種)、第2期(1回接種)の接種が完了せずに対象年齢を過ぎてしまった方は、特例の対象者として第1期(3回接種)、第2期(1回接種)が接種できます。

特例の対象者

生年月日が平成7年4月2日から平成19年4月1日の方で、20歳未満の方。
平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれかつ2期接種対象者の方で、1期の接種漏れがある方は1期も接種することが出来ます。

平成29年度の積極的勧奨について

 平成29年度は、18歳の方(生年月日が平成11年4月2日から平成12年4月1日までの方)に案内文等を配布し、接種のご案内をします。

予診票について

 日本脳炎の第1期、第2期及び特例の対象者による接種には、大田区が交付する予診票が必要です。転入及び紛失等で予診票がお手元にない方は、各地域健康課または感染症対策課で交付します。接種の前に、予診票の交付を受けてください。なお、交付する際は母子健康手帳の提示が必要になりますので、必ずご持参ください。

保護者の同伴について

 特例措置による接種対象者のうち、13歳から20歳未満の方については、保護者の同伴がなくても接種できます。ただし、この場合は予診票だけでなく、保護者の署名がある接種に同意する旨の書類(以下「同意書」という。)も必要となります。
 同意書は、下記からダウンロードするか、各地域健康課または感染症対策課で入手できます。事前にご用意のうえ、医療機関にお出かけください。

日本脳炎に関する情報は、下記からQ&Aがご覧になれます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立感染症研究所感染症情報センター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ


感染症対策課 
電話:03-5744-1263
FAX:03-5744-1524
メールによるお問い合わせ

大森地域健康課
 電話:03-5764-0661
 FAX:03-5764-0659
調布地域健康課
 電話:03-3726-4145
 FAX:03-3726-6331

蒲田地域健康課
 電話:03-5713-1701
 FAX:03-5713-1509

糀谷・羽田地域健康課
 電話:03-3743-4161
 FAX:03-6423-8838

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)