このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 子ども の中の 保育 の中の 認可保育園・小規模保育所・事業所内保育所の保育料について の中の 小学校就学前の子どもが2人以上いる場合の保育料負担軽減について のページです。

本文ここから

小学校就学前の子どもが2人以上いる場合の保育料負担軽減について

更新日:2018年11月21日

保育料負担軽減について

小学校就学前の子どもが2人以上いる世帯の保育料軽減が拡大しました。次の内容を確認いただき、該当する場合は、届出書を提出してください。

対象世帯

2人以上の子どもを認可保育園等(認可保育園、小規模保育所、事業所内保育所)、小学校就学前のその他施設(幼稚園等)に預けている場合、認可保育園等に在園している子どもの保育料は、そのお子さんを含めて、年齢順に上から数え、2人目が保育料の100分の40となり、3人目以降は、保育料が無料になります。ただし、延長保育料は除きます。

減額適用例
例1) 例2) 例3)
第一子 認可保育園等 満額 第一子 幼稚園 第一子 幼稚園
第二子 認可保育園等 40/100 第二子 認可保育園等 40/100 第二子 幼稚園
第三子 認可保育園等 無料 第三子 認可保育園等 無料 第三子 認可保育園等 無料

すべてのお子さんが認可保育園・小規模保育所・事業所内保育所のみに在園している場合は、手続きは不要です。しかし、その他施設(幼稚園等の子ども・子育て支援法施行令に定めがある施設)に預けている場合は、手続きが必要になります。

なお、認可外保育施設(東京都認証保育所や定期利用保育事業、家庭福祉員等)に通園している場合は、当該保育料負担軽減の対象となりませんが、別途、保育料減額申込ができます。詳しくは「保育料の減額」をご参照ください。

兄や姉が小学校就学前のその他の施設(幼稚園等)に利用している場合の保育料軽減について

認可保育園・小規模保育所・事業所内保育所に在園している児童の兄や姉がその他施設(幼稚園等)に在籍している場合の保育料軽減を受けるためには、届出書を提出する必要があります。

届出対象施設

・幼稚園(新制度移行幼稚園は除く)
・特別支援学校の幼稚部
・認定子ども園
・児童心理治療施設通所部
・児童発達支援センター
・医療型児童発達支援センター
(注釈1)東京都認証保育所や定期利用保育事業、家庭福祉員等の認可外保育施設は除きます。

必要書類

・預けていることが分かる書類を添付してください。(在園期間の記載があるものに限る。)
・届出書の提出あった場合、年度内に限り、年度当初に遡り、該当期間適用します。過払い部分の保育料については、未払いの保育料に充当又は、還付(返金)します。
・適用決定後、保育料決定通知を発送します。還付(返金)する時期には、還付通知書にてお知らせします。
・適用期間中に施設を退所する場合は、下記の保育利用支援担当までに必ずご連絡ください。届出がなく、退所していることが判明した場合は、遡って差額を返納していただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保育サービス課
電話:03-5744-1280
FAX :03-5744-1715
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)