このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 国保・年金 の中の 国民年金 の中の 給付 の中の 特別障害給付金 のページです。

本文ここから

特別障害給付金

更新日:2019年4月2日

 平成17年4月1日より、「特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律」が施行されました。
 これは、国民年金の任意加入期間に加入しなかったことにより障害基礎年金等を受給していない障害者の方について、国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情にかんがみ、福祉措置として創設された制度です。

対象者

  • 昭和61年3月31日以前に、国民年金任意加入対象者であった被保険者被用者年金各法の被保険者等(厚生年金、共済組合等の加入者)の配偶者
  • 平成3年3月31日以前に、その当時国民年金任意加入対象者であった学生又は生徒であって当時、上記の国民年金に任意加入していなかった期間内に初診日(注釈1)のある障害のため、現在障害基礎年金受給に該当する障害状態(注釈2)にある方。

 なお、障害年金などを受給することができる方は対象になりません。

注釈1

初診日
 障害の原因となった傷病について、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日のこと。
(例)

  • 診療を初めて受けた日であれば、その疾病に関する専門医かどうかは問わない
  • 健康診断により異常が発見され診療の指示がなされた場合、その健康診断日
  • 転医を繰り返した場合でも、最初の医師の診断を受けた日

注釈2

障害基礎年金受給に該当する障害状態
 障害基礎年金給付における障害状態を判断する基準は、国民年金法によって定められています。各等級の障害の程度は以下の「障害等級表」のとおりです。

障害等級表
 1級

  • 両眼の視力の和が0.04以下のもの
  • 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
  • 両上肢の機能に著しい障害を有するもの
  • 両上肢のすべての指を欠くもの
  • 両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
  • 両下肢の機能に著しい障害を有するもの
  • 両下肢を足関節以上で欠くもの
  • 体幹の機能に座っていることができない程度又は立ちあがることができない程度の障害を有するもの
  • 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  • 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
  • 身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

 2級

  • 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
  • 両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
  • 平衡機能に著しい障害を有するもの
  • そしゃくの機能を欠くもの
  • 音声又は言語機能に著しい障害を有するもの
  • 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの
  • 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの
  • 一上肢の機能に著しい障害を有するもの
  • 一上肢のすべての指を欠くもの
  • 一上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
  • 両下肢のすべての指を欠くもの
  • 一下肢の機能に著しい障害を有するもの
  • 一下肢を足関節以上で欠くもの
  • 体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの
  • 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
  • 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
  • 身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

支給額(平成31年度)

1級 月額 52,150円
2級 月額 41,720円

  • 支給額は、毎年度物価の変動に応じて改定されます。
  • 所得によって支給額が全額または半額、制限される場合があります。
  • 老齢年金、遺族年金、労災補償等を受給されている場合には、その支給額相当は支給されません。
  • 1級から2級の等級は、身体障害者手帳や愛の手帳などの等級とは異なります。
  • 支給されることにより、経過的福祉手当の支給制限がされる場合があります。

その他

  • 特別障害給付金の障害等級は、身体障害者手帳、愛の手帳、精神保健福祉手帳の等級とは異なりますのでご注意ください。
  • 請求は、傷病の種類などによって必要な書類が異なりますので、事前にご相談ください。
  • 申請に対しての審査や、認定後の支給の事務は、日本年金機構で行います。

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本年金機構ホームページ

お問い合わせ

国保年金課

 国民年金係
電話:03-5744-1214
FAX :03-5744-1516
国民年金に関するよくある質問
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)