このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 生涯学習・社会教育 の中の 区民大学・生涯学習リーダー事業 の中の 【産業技術大学院大学 地元企業との提携講座】「モノづくり」の開発事例から、問題解決のためのデザインを考える のページです。

本文ここから

【産業技術大学院大学 地元企業との提携講座】「モノづくり」の開発事例から、問題解決のためのデザインを考える

更新日:2017年8月29日

【第1回】人を感動させる「モノづくり」のために大切なことは何でしょうか?その一つは「美意識」であり、デザイナーだけでなくエンジニアにこそ「美意識」が必要と考えています。そして開発チームが「共通の美意識」を持つかで結果も大きく変わってくることがあります。ソニーのアイボ開発の経験から、エンジニアに必要なデザインセンス、また、デザイナーに必要なエンジニアリングセンスについても考えていきます。

【第2回】2012年第1回東京ビジネスデザインアワードに工業用の剥離塗料で応募したところ、20名以上のデザイナーの方から様々な提案が寄せられ、その中の一つを事業化することを決断し、デザイナーとの協働によりマスキングカラーが誕生しました。テレビや新聞、雑誌などに紹介され、海外への販売も始まりました。町工場の技術や製品が、全く異なる視点から、想定外のヒット商品が生まれるという発見に恵まれたことを紹介します。

【第3回】デザイン開発とは単なる製品の形(スタイリング)の開発ではありません。ホンダ四輪デザインを担当した時の経験を基として、具体的な開発の代表的な成功例と失敗例を紹介します。この事例を元に、デザインを通してものづくりにおける成功と失敗の要因を考えていきます。また企業におけるデザインの役割や今後に予想される変化などについても紹介していきます。

【対象】原則として区内在住・在勤・在学の16歳以上の方
【会場】大田区区役所大田区産業プラザPiO
【定員】70名(各回申込)

申込方法のご案内はこちら

第1回 ロボットエンジニアにこそ必要なデザイン―ソニーのアイボ開発の経験から―

日時 
11月11日(土曜日) 午後2時30分から4時30分

学習支援者
産業技術大学院大学 創造技術専攻 准教授 内山 純うちやま じゅん 

第2回 塗って剥がせて、また貼れる水性塗料マスキングカラーの開発―デザイナーとのコラボにより、工業製品が消費者向け商品に変わった!!―

日時 
11月18日(土曜日) 午後2時から4時30分

学習支援者
OKK-21 太洋塗料株式会社 技術部 部長 神山 麻子かみやま まこ

第3回 ものづくりの成功と失敗の要因―ホンダでの事例紹介とデザインの役割について―

日時 
11月25日(土曜日) 午後2時30分から4時30分

学習支援者
産業技術大学院大学 創造技術専攻 教授 海老沢 伸樹えびさわ のぶき

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

地域力推進課生涯学習担当

電話:03-5744-1443
FAX :03-5744-1518
メールのお問い合わせ

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

区民大学・生涯学習リーダー事業

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)