このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 大田区立郷土博物館 の中の 郷土博物館 学芸員実習の受入について のページです。

本文ここから

郷土博物館 学芸員実習の受入について

更新日:2017年2月1日

当館では、平成29(2017)年度の博物館実習生を受入れます。館務実習を希望する方は、下記の要項を確認のうえ、お申し込みください。

大田区立郷土博物館 学芸員実習受入要項

1 館務実習期間

平成29年8月1日(火曜日)から10日(木曜日)までの9日間。8月7日(月曜日)は除く。

2 受入人数

約10名

3 受入基準

(1)現在、短期大学、大学、大学院、通信教育等で博物館学芸員養成課程を受講し、館務実習を受けることが認められている方。
(2)大田区在住、在勤、かつて居住したことがある方。または、当館での館務実習を本人が特に希望し、大学が推薦する方。
(3)館務実習の全期間に出席可能な方。
(4)人文科学、特に考古学、歴史学、民俗学を専攻する方。他の専攻でも、人文科学分野の博物館学芸員を志望する場合はこの限りではありません。

4 受付方法

(1)館務実習希望者は、当館の学芸員実習担当者に電話(03-3777-1070)で館務実習を希望することをお伝えください。
(2)電話連絡後、館務実習希望者が籍を置く学校の博物館学芸員養成課程館務実習担当者を通じて「館務実習申込依頼文書」「館務実習希望者履歴書」を、当館「学芸員実習担当」宛てに送付してください(当館の規定書式はありません)。
(3)書類受付期間
平成29年4月15日(土曜日)必着
(4)依頼文書受領後、館務実習希望者に提出していただくレポートの課題を、学校の館務実習担当者に返送します。レポートを提出期限日(5月中旬、正式日程はレポート課題送付文書でお知らせします)までに、当館に持参、または郵送してください。
(5)提出されたレポートは当館で審査し、館務実習受入の諾否と、受入れる学生には館務実習に関する文書を添付して、学校の博物館学芸員養成課程館務実習担当者宛てに通知します(5月25日以降に送付予定)。
(6)実習生は通知文書のとおり、館務実習に参加してください。館務実習前の説明会等はありません。

5 申し込み先および問い合わせ先

大田区立郷土博物館 学芸員実習担当
〒143-0025
大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070

大田区立郷土博物館 学芸員実習日程(予定)
日程 曜日 館務実習内容
1日目 1日 午前 館内案内・ガイダンス
午後 組織の仕組みと仕事について(管理 ・文化財業務説明)
2日目 2日 午前 博物館展示新プラン説明/作成
午後 特別展の進め方
3日目 3日 午前 古墳展示室案内
午後 博物館展示新プラン作成
4日目 4日 全日 体験学習・教員研修 参加と検討「大麦の脱穀とむぎこがしづくり」
5日目 5日 午前 歴史資料整理
午後 博物館展示新プラン作成
6日目 6日 午前 民俗資料整理
午後 博物館展示新プラン作成
7日目 7日   休務日
8日目 8日 午前 歴史フィールドワーク
午後 考古資料整理
9日目 9日 午前 博物館事業の新プラン作成/発表資料作成
午後 博物館事業の新プラン作成/発表資料作成
10日目 10日 午前 博物館事業の新プラン作成/発表資料作成
午後 新プラン発表、実習まとめ

実習内容は変更になる場合があります。

  • 下記から大田区立郷土博物館 学芸員実習受入要項大田区立郷土博物館 学芸員実習日程(予定)PDF版がダウンロードできます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

大田区立郷土博物館

大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070
FAX :03-3777-1283
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)