このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 大田区立郷土博物館 の中の イベントのご案内(講座、講演会、体験学習など) の中の 特集展示「今月の川瀬巴水 3月」のご案内 のページです。

本文ここから

特集展示「今月の川瀬巴水 3月」のご案内

更新日:2019年2月27日

今月の川瀬巴水 3月

 季節に合わせて、川瀬巴水の作品を2枚ずつご紹介します。
 今月は、「東海道風景選集」から、静岡県の風景です。
 東海道を主題とした本連作は、昭和6(1931)年から昭和22年までに26点が制作されました。「東海道」を題材にした作品群といえば、歌川広重の「東海道五十三次」を思い浮かべる人が多いと思いますが、巴水は広重の作品は見なかったといいます。当時、巴水は自身の作品が広重に似ているという話を聞き、広重の時代とは版画技術や構図などが異なっていることを示すためにも、東海道を歩き、新しい「東海道」の風景を生み出しました。
 「駿河 興津町」は、スケッチの記載によると、静岡市清水区に所在する清見寺(せいけんじ)より描いたとされます。現在の寺院は海から離れていますが、かつては、本作のように海を見下ろすことができました。
 「静岡 浅間神社」は、静岡市葵区にある静岡浅間神社のことで、神部(かんべ)神社・浅間(あさま)神社・大歳御祖(おおとしみおや)神社の三社からなっています。26棟ある社殿は漆塗極彩色が施されており、国の重要文化財に登録されています。

写真: 「駿河 興津町」昭和9年3月作
「駿河 興津町」昭和9年3月作

写真:「静岡 浅間神社」昭和9年3月作
「静岡 浅間神社」昭和9年3月作

日時

平成31年3月1日(金曜日)から3月31日(日曜日)まで

開館時間

午前9時から午後5時まで

展示場所

大田区立郷土博物館 3階常設展示室 馬込文士村コーナー

入館料

無料

休館日

月曜日(祝祭日の場合は開館)

お問い合わせ

大田区立郷土博物館

大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070
FAX :03-3777-1283
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)