このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 大田区立郷土博物館 の中の 郷土博物館「イベント情報」 の中の 今月の川瀬巴水 7月 のページです。

本文ここから

今月の川瀬巴水 7月

更新日:2018年6月22日

今月の川瀬巴水 7月

季節に合わせて、川瀬巴水の作品を2枚ずつご紹介します。
今月は、川瀬巴水が描いた夏の山と海の風景です。

「白馬之雪渓」は昭和7年作とありますが、実際には大正13年7月にスケッチしています。
この時の様子は、「白馬登山と浅間温泉」として写生帖に登山記が残されています。
「七月二十二日、登山、六時十五分、頂上、十一時半、頂上の手前の小屋にて中食…一時、大雪渓だいこんなん、強力に助けられて下る、…」「七月二十三日、…浅間温泉着、富貴の湯旅館に投宿、足つかれる事甚し」(一部抜粋)
この時、巴水は下駄で登山をしており、登山後の下駄の表面は足の指の形にくぼんでいたというエピソードも残されています。
 
 「Inland Sea」は、アメリカのパシフィック・トランスポート・ライン社から依頼を受け、1953年7月用のカレンダーとして制作されたなかの一図です。
 カレンダーの制作は、版元である渡邊庄三郎が独立当初から取り組んでおり、日付が入った台紙に版画を貼りこむタイプと、日付と絵柄の全体が版画でできているタイプがあります。本作は前者のタイプで、月が替わると版画をはがして額などに入れて楽しんだものと考えられます。こうしたカレンダーは、年が変わると廃棄されることもあり、完全な形で残っている例は少ないとされています。

なお、「馬込の月」は、常時展示しています。

写真:「白馬之雪渓」 昭和7年夏作
「白馬之雪渓」 昭和7年夏作

写真:「Inland Sea」 1953年カレンダー7月
「Inland Sea」 1953年カレンダー7月

日時

平成30年7月1日(日曜日)から7月31日(火曜日)まで

開館時間

午前9時から午後5時まで

展示場所

大田区立郷土博物館 3階常設展示室 馬込文士村コーナー

入館料

無料

休館日

月曜日(祝祭日の場合は開館)

お問い合わせ

大田区立郷土博物館

大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070
FAX :03-3777-1283
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)