このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 大田区立郷土博物館 の中の 特別展・企画展のご案内 の中の 大田区立郷土博物館特別展「土器から見た大田区の弥生時代―久ヶ原遺跡発見、90年―」のご案内 のページです。

本文ここから

大田区立郷土博物館特別展「土器から見た大田区の弥生時代―久ヶ原遺跡発見、90年―」のご案内

更新日:2016年12月13日

イベントカレンダーへ

「土器から見た大田区の弥生時代―久ヶ原遺跡発見、90年―」

明治17(1884)年、文京区の本郷弥生町(ほんごうやよいちょう)で発見された壺(つぼ)は、これまで知られていた縄文土器とは形や文様が異なる土器でした。その発見以降、このような土器を弥生土器と呼び、この土器が使われた時代を弥生時代と呼ぶようになりました。
 大田区の弥生時代を語る上で重要な遺跡の一つに久ヶ原(くがはら)遺跡があります。久ヶ原遺跡は昭和2(1927)年、中根君郎(なかねきみろう)氏、徳富武雄氏らにより発見され、遺跡から出土した土器は、南関東地方の弥生時代後期前半の基準となる土器の型式として「久ヶ原式土器」と名付けられました。
 久ヶ原遺跡の発見以後、大田区では山王(さんのう)遺跡や都立田園調布高等学校内遺跡など多くの遺跡の発掘調査が行われ、大田区の弥生時代の始まりは中期前葉(約2300年前)以降となることがわかってきました。その中で、50回以上の調査が行われている久ヶ原遺跡では、弥生時代後期を中心に継続的に集落が営まれ、住居だけでなく方形周溝墓や環濠も発見されるなど、約27万平方メートルに及ぶ大規模な遺跡の全容が徐々に解明されつつあります。
 今回の展示では、久ヶ原遺跡の発見から90年を迎えるにあたり、永年の発掘調査や研究の成果、周辺地域の土器との比較を通して、区内から出土した弥生土器の時期的な変化を捉え直す機会とします。赤く彩色された久ヶ原式土器の壺は、直線的な文様や縄文が施され、その美しさには目を見張るものがあります。弥生時代の美に触れるとともに、大田区の弥生時代に関する理解を深めていただければ幸いです。

画像:壺形土器 久ヶ原遺跡出土(中根君郎氏寄贈資料・当館蔵)
壺形土器 久ヶ原遺跡出土(中根君郎氏寄贈資料・当館蔵)

画像:甕形土器 久ヶ原遺跡出土(中根君郎氏寄贈資料・当館蔵)
甕形土器 久ヶ原遺跡出土(中根君郎氏寄贈資料・当館蔵)

画像:弥生土器 都立田園調布高等学校内遺跡出土(当館蔵)
弥生土器 都立田園調布高等学校内遺跡出土(当館蔵)

画像:玉類 都立田園調布高等学校内遺跡出土(当館蔵)
玉類 都立田園調布高等学校内遺跡出土(当館蔵) 

会期

平成29年1月7日(土曜日)から3月5日(日曜日)まで

開場時間

午前9時から午後5時まで

会場

大田区立郷土博物館

入館料

無料

休館日

月曜日(ただし、祝日の場合は開館します)

特別展会期中、2階常設展「モースと大田区」および「地中の歴史」のすべてが見学できなくなりますので、ご了承ください。

特別展関連イベント

1 講演会

・平成29年1月22日(日曜日) 午後2時から5時
「弥生時代はどのような時代か」 石川日出志氏(明治大学文学部 教授)

・平成29年1月29日(日曜日) 午後2時から5時
「久ヶ原遺跡と久ヶ原式土器」 安藤広道氏(慶應義塾大学文学部 教授)

・平成29年2月5日(日曜日) 午後2時から5時
「弥生時代後期の甕(かめ)からみた南関東地方」 古屋紀之氏(公益財団法人 横浜市ふるさと歴史財団 横浜市三殿台考古館 館長)

会場

郷土博物館 2階会議室

対象

どなたでも参加できます。定員80名。

参加費

無料

申込方法

当日会場へおいでください。

2 フロア・トーク

日時

1回目 平成29年1月15日(日曜日) 午後2時から3時
2回目 平成29年2月12日(日曜日) 午後2時から3時
各回の内容は同じです。

会場

郷土博物館 特別展展示室

対象

どなたでも参加できます。

参加費

無料

申込方法

当日会場へおいでください。

3 赤ちゃんと一緒に博物館へ

0歳から2歳までの乳幼児と保護者を対象に、親子遊びと特別展のフロア・トークを行います。

日時

平成29年2月2日(木曜日) 午前10時から11時30分

会場

郷土博物館 会議室、特別展展示室

対象

0歳から2歳までの乳幼児と保護者

参加費

無料 

申込方法

1月11日(水曜日)午前8時30分より電話で受付

4 博物館講座

・土器についた植物を調べてみよう

日時

平成29年2月19日(日曜日) 午前10時から12時

対象

小学3年生から中学生(小学生は保護者同伴) 10組

会場

郷土博物館 会議室

参加費

無料

申込方法

1月11日(水曜日)午前8時30分より電話で受付

・レプリカ法による土器圧痕調査で弥生時代の植物を学ぼう!

日時

平成29年2月19日(日曜日) 午後1時から4時

対象

大人 20名

会場

郷土博物館 会議室

参加費

無料

申込方法

1月11日(水曜日)午前8時30分より電話で受付

5 ワークショップ 「勾玉(まがたま)づくり」

日時

平成29年2月26日(日曜日) 午後1時30分から4時30分

対象

小学生1年生以上 どなたでも参加できます。

会場

郷土博物館 会議室

参加費

300円

定員

先着20名

申込方法

2月11日(土曜日)午前8時30分から電話で受付

特別展開催に伴う臨時休館のお知らせ

開催準備のための休館

平成28年12月26日(月曜日)から平成29年1月6日(金曜日)まで

展示撤去のための休館

平成29年3月6日(月曜日)から平成29年3月10日(金曜日)まで

期間中、博物館への入館および2階と3階の常設展示すべての見学ができなくなりますので、ご注意ください。

お問い合わせ

大田区立郷土博物館

大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070
FAX :03-3777-1283

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

特別展・企画展のご案内

  • 大田区立郷土博物館特別展「土器から見た大田区の弥生時代―久ヶ原遺跡発見、90年―」のご案内

関連情報

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)