このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 学ぶ・楽しむ の中の 大田区立郷土博物館 の中の 特別展・企画展のご案内 の中の 特別展「作品の中の大田区‐文士・画家の描いた風景‐」のご案内 のページです。

本文ここから

特別展「作品の中の大田区‐文士・画家の描いた風景‐」のご案内

更新日:2018年10月4日

イベントカレンダーへ

特別展「作品の中の大田区‐文士・画家の描いた風景‐」

 大田区には近世以来、文に記され、絵に描かれてきた風景があります。こうした風景の多くは大正から昭和初期に行われた農地の宅地化と、インフラ整備のなかで大きく様変わりしました。今我々が目にする町並みの原形がつくられたのが、まさにこの頃だといえます。
 一方、この時代、大田区には多くの文士や画家たちが転居してきます。『空想部落』、『京浜国道』などの作品を生み出した尾ア士郎をはじめとして、馬込・山王に居住した文士や画家たちは、馬込や山王、大森海岸、森ヶ崎、羽田などを舞台に多くの作品を残しました。彼等はそれぞれの住まいを行き交うなかで追い求めた流行や、連れ立って出向いた遊興地での思い出、そして近代化の中で変わりゆく風景を表現豊かに描いています。
 今年は、尾ア士郎の生誕120年、室生犀星が馬込へ転居してから90年、広津和郎の没後50年という年にあたります。本展示では、移り変わる大田区の風景を取り上げます。そして、風景の変化を文士・画家が作品の中でどのように表現し、見つめてきたのかを探ります。
 今回の展示が皆様の地域景観・文化に対する関心を深めていただく一助となれば幸いです。

 

画像:真野紀太郎 「馬込風景」
真野紀太郎 「馬込風景」

画像:服部亮英 「馬込風景」 昭和初期 個人蔵
服部亮英 「馬込風景」 昭和初期 個人蔵

会期

平成30(2018)年10月27日(土曜日)から12月24日(月曜日・休日)まで

開場時間

午前9時から午後5時まで

会場 

大田区立郷土博物館 2階特別展示室

入館料

無料

休館日

月曜日(ただし、祝・休日の場合は開館します)

特別展会期中、2階常設展「モースと大田区」および「地中の歴史」のすべてが見学できなくなりますので、ご了承ください。

特別展関連イベント

1 講演会

・平成30年11月11日(日曜日) 午後1時30分から4時10分まで
「近代絵画史と大田区の画家たち」 
角田拓朗氏 (神奈川県立歴史博物館 主任学芸員)

・平成30年11月25日(日曜日) 講演会:午後1時30分から3時まで 見学会:午後3時30分から5時10分まで
「『馬込の家』―祖父犀星の日常―」+室生犀星離れ(馬込第三小学校内)を見学 
室生洲々子氏(室生犀星記念館(金沢市)名誉館長)

・平成30年12月9日(日曜日) 午後1時30分から4時10分まで
トーク・イベント「作品にみる住と遊―馬込文士村と海辺の歓楽―」 
嶋修一氏 (青山学院大学 教授)
鈴木勇一郎氏 (立教大学立教学院史資料センター センター員)

会場

郷土博物館 2階会議室

対象

どなたでも

定員

先着80名(ただし、11月25日(日曜日)の見学会のみ別途申込。先着30名)

参加費

無料

申込方法

当日会場へお越しください。ただし、11月25日(日曜日)の馬込第三小学校の見学は11月11日(日曜日)午前8時30分より郷土博物館へ電話申込。先着30名。

2 赤ちゃんと一緒に博物館へ 「作品の中の大田区」の展示解説

絵本の読み聞かせや手遊びの後、担当学芸員による特別展「作品の中の大田区」の展示解説を行います。

日時

平成30年11月1日(木曜日)午前10時から11時30分まで

会場

郷土博物館 2階会議室、特別展示室

対象

0歳から2歳未満の乳幼児と保護者

定員

先着12組

参加費

無料

申込方法

10月21日(日曜日)より電話申込み。

3 フロアトーク

日時

平成30年11月3日(土曜日・祝日)、12月15日(土曜日) 
各回、午後2時から3時まで

会場

郷土博物館 2階特別展示室

対象

どなたでも

定員

各回30名

参加費

無料

申込

当日会場にて先着順

4 まち歩き

日時

日時 11月17日(土曜日):コース 馬込地域(大森駅から大田区立郷土博物館まで)
日時 12月2日(日曜日):コース 大森海岸地域(大森駅から大森海岸まで)
各回午後1時から4時 

講師

馬込文士村ガイドの会

対象

どなたでも

定員

各回30名

参加費

無料

申込

11月11日(日曜日)午前8時30分より電話申込

5 朗読会「朗読で楽しむ馬込文士村」

だんご虫お話の会の方による、文士村ゆかりの文学作品の朗読後、参加者とともに北原白秋の詩を群読します。

日時

平成30年11月23日(金曜日・祝日) 午後2時から4時まで

講師

だんご虫お話の会

対象

どなたでも

定員

30名

会場

郷土博物館 2階会議室

参加費

無料

申込

当日会場にて先着順。途中退出可。

6 特別展関連地域講座

当館学芸員による地域講座後、特別展示の解説を行います。

日時 

第1回 11月7日(水曜日) 「門前町 池上の近代化―郊外開発の一事例として―」 
第2回 11月21日(水曜日) 「『調布日記』の描く多摩川下流域―大田南畝とその時代―」
第3回 12月5日(水曜日) 「「羽田空港」以前史―移り変わる羽田の風景―」
第4回 12月19日(水曜日) 「東海道を旅した人々とその記録―品川・川崎宿間を中心に―」
各回午後2時から4時

会場

郷土博物館 2階会議室、特別展示室

対象

どなたでも

定員

各回30名

参加費

無料

申込

当日会場にて先着順

無料プレゼントのお知らせ

10月1日(月曜日)より、大森東・大森西・六郷・矢口の各特別出張所、大田・馬込・池上・洗足池・羽田・蒲田の各図書館でプレゼントの引き換え券をお渡しします。引き換え券を特別展会期中に郷土博物館の窓口へお持ちのお客様には、復刻絵葉書1枚、または郷土博物館オリジナルブックマーカ―(しおり)1本をプレゼントします。なお、1回の来館でご使用できる引き換え券は1枚に限ります。プレゼントがなくなり次第終了となりますので、ご了承ください。

特別展開催に伴う臨時休館のお知らせ

開催準備、常設展示戻しのための休館

平成30年10月22日(月曜日)から平成30年10月26日(金曜日)まで、
平成30年12月25日(火曜日)から平成31年1月5日(土曜日)まで

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

大田区立郷土博物館

大田区南馬込五丁目11番13号
電話:03-3777-1070
FAX :03-3777-1283

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)