このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 羽田空港のあるまちおおた の中の 新産業創造・発信拠点「空港跡地」の整備 の中の 「あのときの、羽田」〜羽田地域の歴史・文化を工事用仮囲いへ壁面展示〜 のページです。

本文ここから

「あのときの、羽田」〜羽田地域の歴史・文化を工事用仮囲いへ壁面展示〜

更新日:2018年5月11日

 大田区は、羽田空港跡地第1ゾーンの開発について、「羽田空港跡地まちづくり推進計画」(平成22年10月、国、都、地元区)及び「羽田空港跡地第1ゾーン整備方針」(平成27年7月、大田区)に基づき、検討を進めてまいりました。
 平成29年5月には羽田空港跡地第1ゾーンにおける第一期事業地の事業予定者を決定するとともに、同年、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が事業主体となって基盤整備工事を進めています。
 この羽田空港跡地の新しいまちづくりへの理解を深めていただくため、「あのときの、羽田」と題し、地域の皆様のご協力をいただき、昔の羽田の歴史・文化・生活などを、基盤整備に伴う工事用の仮囲いに展示しました。

 この展示を通じて地域の皆様をはじめ来訪された方々に、羽田の歴史への敬意と輝かしい未来、2020年概成予定の新しいまちへの親しみ・期待感を持っていただけることを目指しています。
 第2回のテーマは、大森・糀谷・羽田地域で盛んに行われた「海苔漁業」です。
 実際に羽田沖にて海苔づくりに携わった方々の工夫や苦労をお聞きし、当時の大田区の一大産業であった海苔漁業をより多くの方に知っていただきたく展示しています。今後もテーマを変えて空港も含めた羽田地域の在りし日の姿を発信していきます。
 貴重な資料を大きなサイズで展示しておりますので、是非現地にてご覧ください。

展示テーマ

 海苔漁業

展示期間

 平成30年5月初旬から7月下旬(予定)

展示場所

 天空橋駅から環状8号線に向かう歩道沿い約50m
  ・京浜急行空港線「天空橋駅」からお越しになる方(徒歩1分)
   改札口を出てすぐ右側のエスカレーターで上り、環状8号線に向け直進
  ・東京モノレール「天空橋駅」からお越しになる方(徒歩1分)
   改札口を出た後、仮囲い沿いに右折

次回の展示テーマ

 「羽田の祭り」の予定です。

「あのときの、羽田」チラシ(全体版)

「あのときの、羽田」チラシ(第2回テーマ:「海苔漁業」)

「あのときの、羽田」チラシ(第1回テーマ:「旧羽田三町」)

第1回のテーマは、現在羽田空港の敷地内にあった三つの町、羽田鈴木町、羽田穴守町、羽田江戸見町、いわゆる「旧羽田三町」に関する展示を行いました。

「大田区における新しいまちづくり」〜羽田空港跡地第1ゾーン整備事業〜

「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」の提案概要について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

空港まちづくり課

電話:03-5744-1650
FAX :03-5744-1528
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)