このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 環境・地球温暖化対策・公害 の中の アスベスト の中の アスベスト除去等に係る手続き のページです。

本文ここから

アスベスト除去等に係る手続き

更新日:2018年5月21日

  大田区では、建築物等の解体等工事に際して、石綿等(アスベスト)の使用状況を事前の調査により把握し、適正な飛散防止対策を進め、区内における良好な生活環境の保全に取り組んでいます。
建築物等の解体等工事に伴って、石綿等(アスベスト)含有建築材料(石綿含有仕上塗材を含む。)の除去等作業をする際には、以下に示す諸手続きが必要となります。なお、届出等の提出は、届出書・報告書等(関係書類を含む。)の正本に、その写し一通を添えて2通提出してください。

1 特定粉じん(石綿等)事前調査記録書

 解体等工事を行う際には、法第18条の17第1項(第3項)に基づき事前調査(吹付け材、断熱材等及び建築用仕上塗材については、目視以外(分析調査等)の方法。)を実施し、その結果について、要領第3条第2項の規定により「特定粉じん(石綿等)事前調査記録書」(下記の様式を使用。)の提出が必要です。(届出書又は報告書に添付のこと。)

(注意) 
ア 事前調査記録書(裏面)の調査項目に「石綿含有仕上塗材」が追加されました。
イ 石綿含有仕上塗材については、下記リンク先で確認下さい。

アスベスト除去工事の進め方(リンク)

2 掲示板

  解体等工事を行う際には、法律第18条の17第4項の規定により、事前調査の結果を公衆の見やすいように掲示することになります。(要領第4条第1項)
(注)掲示板の様式は下記に示すもの、又は同等のものを使用してください。

3 石綿等事前周知実施報告書

(1)石綿等(アスベスト)含有建築材料の除去等作業をする際には、近隣関係住民へ要領第4条第2項の規定により周知を行う。また、同条第3項の規定により、周知実施後は工事の着手日の前日までに「石綿等事前周知実施報告書」(下記の様式を使用。)の提出が必要です。

(注意)
  建築物等の解体等工事において、「大田区建築物の解体工事計画の事前周知と紛争予防に関する要綱」が適用される建築物等における「事前調査及び事前周知」については、下記のリンク先で確認願います。

大田区建築物の解体工事計画の事前周知と紛争予防に関する要綱(リンク)

4 特定粉じん排出等作業実施届出書(法律)

法第18条の15第1項(第2項)に基づく届出

(1) 届出対象工事
次のいずれかに該当する除去等作業。
ア 吹付け石綿、及び石綿を含有する断熱材、保温材、並びに耐火被覆材。
イ 石綿含有仕上塗材で「吹付け工法」により施工されたことが明らかなもの。
ウ 石綿含有仕上塗材で施工方法が明らかではないもの。

(2) 届出内容・届出期限
発注者等は、除去等作業の開始日の14日前までに次の事項を届け出なければならない。
ア 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
イ 特定工事の場所
ウ 特定粉じん排出等作業の種類
エ 特定粉じん排出等作業の実施の期間
オ 特定粉じん排出等作業の対象となる建築物の部分における特定建築材料の種類並びにその使用箇所及び使用面積
カ 石綿含有仕上塗材の除去に係る必要書類等は、要領第6条(別表第3)による。

(3) 特定粉じん排出等作業実施届出書(様式)

5 石綿飛散防止方法等計画届出書(条例)

条例第124条第1項に基づく届出

(1) 届出対象工事
    次のいずれかに該当する除去等作業。
ア 15平方メートル以上の吹付け石綿。
イ 延べ面積500平方メートル以上の建築物等で、吹付け石綿、及び石綿を含有する断熱材、保温
材、 並びに耐火被覆材が使用されているもの。
ウ 石綿含有仕上塗材で「吹付け工法」により施工されたことが明らかなもの。
エ 石綿含有仕上塗材で施工方法が明らかではないもの。
(2)届出期限
発注者等は、除去等作業の開始日の14日前までに届け出なければならない。
(3)石綿飛散防止方法等計画届出書(様式)

6 石綿飛散防止方法等計画報告書 (区要領)

要領第6条第2項及び第7条第2項の規定に基づく報告

(1)報告対象工事
   次のいずれかに該当する除去等作業。(成形板等除去作業。)
ア 石綿含有仕上塗材で「吹付け工法」以外の工法(ローラー塗等)により施工されたことが明らかなもの。
(下地調整塗材のみに石綿が含有されている場合を含む。)
イ 石綿含有成形板等で条例に定める作業上の遵守事項(東京都告示第830号)によらない除去 (破砕等)方法を行う作業。
(2)報告書の提出期限・必要書類
ア 発注者等は、工事開始日の7日前までに、報告書を提出して下さい。
イ 石綿含有仕上塗材の除去に係る必要書類等は、要領第6条(別表第2)による。(下記「ウ」参照。)

(3)石綿飛散防止方法等計画報告書(様式)

7 特定粉じん排出等作業工事完了報告書

 特定粉じん排出等作業及びその他の作業の終了後すみやかに、要領第5条第3項の規定により「特
定粉じん排出等作業工事完了報告書」に必要書類を添付して提出して下さい。
(注) 届出者は、法及び条例に基づく届出者と同一人(発注者)とする。
完了報告書には、次に掲げる事項(要領別表第1)に係る必要書類を添付してください。
 (1) 石綿の飛散状況の監視(環境測定の結果等)
 (2) 特別管理産業廃棄物の処理状況(受渡確認票の写し)
 (3) 施工状況写真
 (4) 確認書の写し
 (5) その他区長が必要と認めたもの

8 作業基準確認書

事前調査の履行状況、作業基準の遵守状況を把握するために、「作業基準確認書」(要領第5条第2項及び第4項)を用いて確認します。
(注) 詳細については、窓口で説明します。また、確認書の用紙は、原則届出時に窓口で配布します。
(1)作業基準確認書 第6号様式の1(事前調査結果確認書)
特定粉じん排出等作業実施届出時に事前調査の結果等、必要事項を届出時に記入。
(注)事前作成 【可】 下記Excel版を使用して下さい。
(2)作業基準確認書 第6号様式の2(隔離養生完了後(石綿除去前)作業基準)
養生検査時に必要事項を記入の上、検査員(区職員)の確認を受ける。
(3)作業基準確認書 第6号様式の3(石綿除去作業中作業基準)
石綿除去作業時に必要事項を記入。
(4)作業基準確認書 第6号様式の4(石綿除去後(隔離養生撤去前)作業基準)
石綿除去後に必要事項を記入。

(注意)
「作業基準確認書 第6号様式の1から4」は、完了報告書の提出時に写しを添付して提出して
下さい。

9 大田区特定粉じん排出等作業事務取扱要領(平成30年4月1日改正施行)

10 報告書(大気汚染防止法第26条及び環境確保条例第155条)

(1) 区に対し、必要な事項の報告をするとき
(2) 区から求められた資料等の提出のとき

関連リンク集

アスベスト除去工事の進め方

大田区建築物の解体工事計画の事前周知と紛争予防に関する要綱

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都アスベスト情報サイト

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境対策課

環境調査指導担当
電話:03-5744-1369
FAX :03-5744-1532
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)