このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 環境・地球温暖化対策・公害 の中の 区民・家庭 の中の エコレシピコンクール最優秀作品が決定しました。 のページです。

本文ここから

エコレシピコンクール最優秀作品が決定しました。

更新日:2018年2月16日

エコレシピコンクール最終調理審査で各賞を決定しました。

応募総数152作品の中から選ばれた6組が、エコレシピコンクール最終審査に挑戦しました。制限時間60分の中で、様々なエコのアイデア、そして料理の腕を競い合いました。最優秀賞は区内在住の星野美幸さん提案の「華やかエコなパエリア」に決定しました。
みなさんも、食材の使い切りや調理や準備に係るエネルギー使用量を減らすなど、環境のことを考えてお料理してみませんか?

エコレシピコンクールの受賞レシピの一部をレシピカードにしてご紹介しています。
詳しくはこちらをご確認ください。

最優秀賞  「華やかエコなパエリア」

区内在住 星野美幸さん

【星野さんのコメント】
普段から料理が好きで、野菜の捨ててしまいがちな部分を上手に活用できないか考えて作ったレシピです。


食材の使い切りや家庭でも手軽に作れることが評価されました。


試食審査の様子

優秀賞  「夏野菜ゴロゴロカレーとカラフルサラダとコーンスープ」

区内在学 グループ貝塚(貝塚中 小林春菜さん、佐藤綾音さん)


募集期間(夏)に合わせた旬の野菜たっぷりのカレーです。


人参の皮を素揚げにしてカレーのトッピングにするアイデアです。

優秀賞  「わいわい食べよう!おうちdeエコごはん〜熱々パエリアとヒコーキサラダ〜」

区内在住 喜多智子さん


はんぺんの飛行機で大田区をイメージしています。


クッキングシートに包んだ野菜をパエリアの上にのせて同時調理をし、エネルギーを効率よく使う工夫をしています。

入賞  「8品目野菜サンドセット」

区内在住 おもてな4(宗安寛治さん、谷口佑子さん、ほか2名)


電気・ガスを一切使わずに、ランチプレートをつくりました。


ちらしでゴミ入れを作り、捨てる前に水気を切る工夫をしています。

入賞  「パエリアと海老のビスクスープ」

区内在学 森井茉白さん(貝塚中)


人参の皮をむかずにそのまま調理し、ごみ減量です。


パエリアに使った海老の殻を捨てずに、ビスクスープを作ります!

入賞  「子どもも手伝えるもちっとレンコン揚げ」

区内在住 柴田親子(柴田さと子さん、柴田創くん)


付け合せにはブロッコリーの茎も使っています。


親子でコンクールに挑戦してくれました!

表彰式や試食の様子


幅広い世代のみなさんにご参加いただきました。


審査員が試食した後は、参加者全員でお互いの料理を試食しました。

日時

平成29年12月16日(土曜日)午前10時から午後1時まで

会場

佐伯栄養専門学校(蒲田5丁目45番地5号)

募集テーマ

「休日のランチに食べたいエコレシピ」
家族みんなが集まる休日のランチ。ちょっと豪華に、地球にも家族にもやさしいメニューで、一家団らんを楽しみたい!そんなときにおすすめのエコレシピを募集しました。

エコレシピとは

食材を無駄なく使い切る、水やエネルギーの使用量を削減するなど、環境への負担を減らすための工夫をした料理レシピのことです。

環境にやさしいお料理のポイント
環境にやさしいお料理のポイント

ちらし

主催

大田区

協力

学校法人佐伯学園 佐伯栄養専門学校
大田区地球温暖化対策地域協議会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境計画課

電話:03-5744-1362
FAX :03-5744-1532
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)