このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 環境・地球温暖化対策・公害 の中の 区民・家庭 の中の 大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助のご案内【平成29年度】 のページです。

本文ここから

大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助のご案内【平成29年度】

更新日:2017年12月1日

大田区では、家庭から排出する二酸化炭素排出量の削減と持続可能な社会の実現を目的として、住宅に太陽光発電システム等の太陽エネルギー利用機器を設置した個人、法人及び管理組合法人等に対し、その費用の一部を補助します。
申請には条件があります。事前に、以下の補助対象条件をご確認ください。

補助対象条件
補助対象設備等 補助金の額 主な補助対象要件
太陽光発電
システム
1キロワットあたり45,000円
上限 27万円
(注)管理組合法人等が申請者となる場合は67万5千円
(1) 区内の住宅に新規に設置されたもの
(2) 財団法人電気安全環境研究所「JET」の太陽電池モジュール認証を受けたもの又はそれに準じた性能を持つものであること
(3) 電気事業者との電力受給契約において余剰売電をしていること。また、その買取期間起算日が、平成29年2月1日以降であること
太陽熱温水器 1平方メートルあたり9,000円
上限 10万円
(注)管理組合法人等が申請者となる場合は67万5千円
(1) 区内の住宅に新規に設置されたもの
(2)財団法人ベターリビングの優良住宅部品(BL部品)認定を受けたものであること
(3) 設置完了日が平成29年2月1日以降であること
太陽熱
ソーラーシステム
1平方メートルあたり16,500円
上限 20万円
(注)管理組合法人等が申請者となる場合は40万円
(1) 区内の住宅に新規に設置されたもの
(2)財団法人ベターリビングの優良住宅部品(BL部品)認定を受けたものであること
(3) 設置完了日が平成29年2月1日以降であること

太陽光発電システム等の設置をお考えの方へ

太陽光発電システム等の設置に関するトラブルにご注意ください。
トラブルを未然に防ぐために、太陽光発電システムの導入を検討する際に、次のリンク先をご確認ください。

太陽光発電システム等を設置する前にご確認ください

申請の受付期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで(申し込みが予算枠に到達した日をもって受付終了)

申請は対象システムの設置後になります。設置後に、必要書類一式を揃えてご提出ください。
なお、太陽光発電システムについては、買取期間起算日以降の申請となります。
注意:
改正FIT法に伴い、買取期間起算日の取得には、電力需給契約申込みによる接続契約締結後から、約3か月程度かかっています。
詳しくは下記、東京電力のホームページをご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京電力パワーグリッド よくあるご質問

FIT法改正に伴う認定が発行されるタイミングについて

予算残額

3,262万円(平成29年12月1日時点)

大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助のご案内

大田区住宅用太陽エネルギー利用機器の設置等に係る補助金交付要綱

申請必要書類について

様式については以下からダウンロードしてください。

申請書(共通)

その他の様式

  • 太陽光発電システム(必要書類については以下のチェックリスト及び注意事項をご確認ください。)

10キロワット以上の太陽光発電システムを導入した方は、電気受給契約に関して電気事業者に照会を依頼しますので、次の書類に必要事項を記入し提出してください。

  • 太陽熱温水器・太陽熱ソーラーシステム(必要書類については以下のチェックリスト及び注意事項をご確認ください。)

手続きの流れ

申請は対象システムの設置後になります。設置後に、必要書類一式を揃えてご提出ください。
なお、太陽光発電システムについては、買取期間起算日以降の申請となります。

申請手続きの流れ

補助金申請受付窓口

郵送でも申請を受付けています。
 〒144-8621
 大田区蒲田五丁目13番14号 大田区役所 本庁舎8階 
 環境計画課 地球温暖化対策担当

補助金制度の併給について

 本事業は国・都で行っている補助金との併給が可能です。ただし、他の区市町村から補助を受けて設置した対象機器は申請することはできません。

太陽光発電システムの補助対象区分について

太陽光発電システムの補助対象区分
出力 接続方式 買取期間 区の補助対象 備考
10キロワット
以上
全量買取方式 20年 対象外 太陽電池モジュールにより発電した電力が、住宅の住居の用に供する部分で使用されないため、本事業の補助対象外となります。
余剰買取方式 20年 対象 補助要綱に規定する要件を満たす場合、本事業の補助対象となります。
10キロワット
未満
余剰買取方式 10年 対象 補助要綱に規定する要件を満たす場合、本事業の補助対象となります。

(注釈)出力が10キロワット以上の場合は、系統に送電された電気のすべてが買取対象となりますが、配線の方法により全量買取と余剰買取のどちらかを選択することができます。

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都「蓄電池、家庭用燃料電池(エネファーム)等の設置費用補助」

東京都では、蓄電池等を太陽光発電システムと同時導入する方に対して助成を行っています。
設置前の申請になります。詳しくは上記リンク先をご確認ください。

住宅リフォーム助成事業のご案内

区内中小事業者の施工によるリフォーム費用の助成についてはこちらをご確認ください。
(必ず建築調整課住宅担当で事前相談を受けてください)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。なっとく!再生可能エネルギー

固定価格買取制度についてはこちらをご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境計画課

電話:03-5744-1362
FAX :03-5744-1532
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)