このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 生活情報 の中の 住まい・まちなみ・環境 の中の 環境・地球温暖化対策・公害 の中の 区民・家庭 の中の 太陽光発電システム等を設置する前にご確認ください のページです。

本文ここから

太陽光発電システム等を設置する前にご確認ください

更新日:2017年11月15日

太陽光発電システム等を設置する前にご確認ください

1 太陽光発電への適性を確認しましょう

設置する場所が太陽光発電等の設置に適しているかを、以下リンク先「東京ソーラー屋根台帳」で確認できます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「東京ソーラー屋根台帳(ポテンシャルマップ)」

2 業者は、慎重に選びましょう

補助制度に便乗して売電収入が多く得られるような説明をしたり、補助金対象外であるのに補助金が受けられると説明したり、契約を急がせるなどの不当な売り込みやずさんな工事をする業者など設置後のトラブル等が、発生しています。
トラブルを防ぐために、下記の業者選びのポイント等を参考に慎重な業者選びをお願いします。

 業者選びの注意点
(1)検討
 メーカーへのホームページや商品カタログ等を見比べて、情報充集を行います。
 業者への問い合わせは、できるだけ複数へ依頼した方がよいでしょう。
(2)現地調査
 業者が現地調査をします。そこで周辺環境、屋根の大きさ・形状などを調査し、最も適したシステムを検討します。
 太陽光発電システムは屋根によって適したシステムが異なります。現地調査をしない見積もりは参考程度とし、そのまま契約したりしないでください。また、太陽光発電システムを設置することにより、隣接の建物等に影響の出る場合があります。現地調査時に業者に確認しましょう。
(3)見積もり
 導入前に最も注意すべき点は「相見積もり」です。
 業者によって取扱いメーカーや施工法が異なります。できるだけ複数社から相見積もりを取りましょう。
 相見積もりの際は、単に金額を比較するだけではなく、アフターケアやメンテナンス等も含めて複数の業者から説明を聞いてください。おのずと良心的な業者が判ります。
 疑問点などは業者にしっかり確認し、不安要素を取り除いておきましょう。
(4)契約
 相見積もりの結果、納得した上で契約します。契約の際は口頭でのやり取りだけではなく、書面にしっかり残すことで後に「言った言わない」のトラブルにならないようにしましょう。
 契約書、仕様書、設計図、最終見積書、モジュールの配線図は必ず貰ってください。

3 補助金制度や申請内容等を把握しましょう

詳しくは下記リンクをご確認ください。
なお、手続き代行者に申請を依頼する場合も、申請内容はきちんと把握しましょう。
(1)「大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助」
大田区では、住宅に太陽エネルギー利用機器を設置した方に対して、費用の一部を補助しています。
申請には条件があります。事前にご確認ください。詳しくは下記リンク先をご覧ください。

「大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置補助のご案内」

(2)東京都「蓄電池、家庭用燃料電池(エネファーム)等の設置費用補助」
東京都では、蓄電池等を太陽光発電システムと同時導入する方に対して、費用の一部を補助しています。
設置前の申請になりますので、詳しくは下記リンク先をご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都「蓄電池、家庭用燃料電池(エネファーム)等の設置費用補助」

4 トラブルがおきてしまったら

もしトラブル等がおきてしまった場合は、下記の消費者生活センターにご相談ください。
電話:03‐3736-0123

消費者生活センター

お問い合わせ

環境計画課

電話:03-5744-1362
FAX:03-5744-1532
メールによるお問い合わせ

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)