このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 施設案内 の中の 博物館・美術館 の中の (仮称)勝海舟記念館 のページです。

本文ここから

(仮称)勝海舟記念館

更新日:2018年6月8日


洗足池の畔にある旧清明文庫(国登録有形文化財)を保存・活用し、勝海舟と大田区との縁を紹介するとともに、海舟の想いと地域の歴史を伝える記念館を目指します。

オープン時期など

(仮称)勝海舟記念館は、平成31年夏に開館予定です。
現在開館に向け整備を進めており、
平成30年1月から建築工事、3月からは展示ケースなどの制作が始まっています。

勝海舟と大田区

勝海舟の人物像

 勝海舟は、幕末から明治にかけて激動の時代を駆け抜けました。
咸臨丸で渡米し、海軍の育成に努めるなど、幕末のもっとも革新的な考えを持った幕臣と言われています。
 

勝海舟とのゆかり

 江戸無血開城を実現させた勝海舟は、官軍の本陣が置かれた池上本門寺(大田区池上)の松濤園で、西郷隆盛率いる新政府軍と会見をしたと言われています。
 また、洗足池(大田区南千束)を愛した海舟は、別荘「洗足軒」を現在の大森第六中学校の地に構えました。
 洗足池のほとりには、今も海舟夫妻のお墓があり、地域の方にも親しまれています。

旧清明文庫

 海舟没後、財団法人清明会が別荘「洗足軒」を近隣に移転させ、その隣地に「清明文庫」を設立しました。ここでは、海舟関係の図書の収集・閲覧や講演を行いました。
 
財団法人清明会によって昭和8年に開館した本建物は、大田区が平成24年(2012年)3月に土地を取得し、併せて建造物の寄贈を受けました。
平成12年に国登録有形文化財に登録されています。

MAP

アクセス 東急池上線「洗足池」駅から徒歩6分
 東急バス停「洗足池」駅から徒歩6分

〜現在工事中です〜

イベント情報

公開中・予定

☆H30.6.21〜7.1  大田区観光情報センター
 (仮称)勝海舟記念館展示コーナー(おおた博覧会の展示と同内容です)

☆H30.6.15〜17  羽田空港国内線第2旅客ターミナル
 (仮称)勝海舟記念館展示コーナー

☆H30.3.1〜   山王草堂記念館 展示
 「蘇峰と海舟コーナー」 (平成31年度展示替えまで)

☆H29.10〜  郷土博物館 展示
 “洗足池と洗足軒”や“海舟の遺品”等 (記念館開館まで)

終了

・H30.3.10〜5.20 郷土博物館 展示
“清明文庫90年の歴史”や“勝海舟と西郷隆盛の繋がり”について

・H30.5.20 山王草堂記念館 

  徳富蘇峰が語る勝海舟と西郷隆盛の人物像について学芸員が講演しました。

H30.5.16     「春宵の響」にて勝海舟が詠んだ詩がうたわれました

H30.3.24     馬池洗(まいせん)散歩

H29.12.11・13 旧清明文庫改修前の内覧会

「海舟だより」

本事業の詳細

(仮称)勝海舟記念館(旧清明文庫)整備事業基本計画

その他お知らせ

大田区非常勤博物館学芸員の募集

郷土博物館で(仮称)勝海舟記念館の目録作成等に従事する学芸員を募集しています。
詳しくは“大田区非常勤博物館学芸員の募集”をご覧ください。

(仮称)勝海舟記念館(旧清明文庫)展示制作業務委託事業者選定審査の結果について

(仮称)勝海舟記念館(旧清明文庫)増築及び改修工事の請負業者について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

文化振興課 勝海舟記念館開設準備担当
電話:03-5744-1653
FAX :03-5744-1539

本文ここまで


以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)