メニュー

ユニバーサルデザイン福祉のまちづくり

「どこでも、誰でも、自由に、使いやすく」を基本に、できるだけ幅広い人々を想定した「ユニバーサルデザイン」のまちづくりを推進していきます。