このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 調布地域 の中の 嶺町特別出張所 の中の 地域情報紙「さかみち」 の中の さかみち第106号(平成29年7月1日発行) のページです。

本文ここから
嶺町特別出張所

さかみち第106号(平成29年7月1日発行)

更新日:2017年7月4日

さかみち第106号を発行しました。
どうぞご高覧ください。

自転車の走行マナーについて

子供たちにとって、楽しみな夏休みが近づいてきました。良い思い出にするためにも、交通事故にはくれぐれも注意しましょう。
今日は自転車の走行マナーについて、考えてみました。

稲垣恵一さん
本年2月末、田園調布郵便局とコンビニ間の一方通行道路にて、一方の自転車は左側を通行、対面のもう一方は右側を通行していました。停車していたトラックを両者がよけた際に自転車同士がぶつかったんです。両者とも左側通行をしていれば、事故が起こることはなかったはず。
自転車を運転するに当たっては、最低限のルールは守らないといけないと思います。頭を打って、大けがにつながる恐れもあります。
みなさんは自転車の運転についてヒヤッとした経験はありますか?

渡部満智子さん
先日、稲荷橋を渡った先の交差点で車が停車していました。青信号になり角を曲がろうとしたら、小学校高学年位の3人が自転車で並走をしてきたんです。ヒヤッとしました。縦に並んで、一時停止で周りを確認してから通行してほしいと思います。
あとは、信号のない交差点から一時停止をせずに飛び出てくる自転車も怖いですね。自転車の飛び出しは本当に多く、四つ角では足をついてちゃんと左右を確認してほしいと思います。

村木松英さん
自転車は一時停止をしっかりとしなくてはいけないと思ったことがありました。自転車で鵜の木方面に向った四つ角の、密蔵院・六郷用水のあたりで、自分では停止して確認したつもりになっていたけれど、車に轢かれそうになって、ヒヤッとしました。
それからはしっかりと停止して確認するようにしています。

稲垣さん
原則は車道を通行するべきだが、中原街道などの大きな道路では、そうもいかない。自転車について、厳格なルールが道路事情により決まっていないのも難しい点だと思います。
やむなく歩道を走る時は、すぐにでも止まれるよう徐行しなければ、事故は減らないと思います。

渡部さん
自転車利用者の立場になってみると、大きな道路では車道を走行するのが怖いから、歩道を通行するのも分からなくはないですよね。

関雅楽子さん
自転車を運転する時は歩行者が優先。歩道や商店街などを通行する時には、『自転車の押し歩き』をもっと啓発するべきだと思います。

稲垣さん
注意喚起の看板を設置するのもいいですよね。あとは、自転車一時停止・左側通行の標識などをもっと普及させてほしいです。
車の免許を持たない子供たちにも、教えてあげないといけないと思います。小中学校での自転車安全教室もたくさん実施してほしいです。

村木さん
自転車は、生活に便利なツールで欠かせない乗り物だけど、正しい知識でルールとマナーを守る心がけを一人一人がすることが大切ですね。

嶺町地区自治会連合会 会長に就任しました

嶺町地区自治会連合会 会長 清水 禧一よしかず

長久保弘連合会長(嶺町町会)がご勇退なされました。連合会長として嶺町地区の安全で安心して過ごせる街づくりに取り組んで頂き、心より感謝と御礼を申し上げます。
後任として田園調布南町会長の清水禧一が引き継いでまいります。
長久保前会長と同様に嶺町地区が安全で安心して楽しく暮らせる街づくりに微力ながら尽力してまいります。
町会理事に永きに亘り携わってまいりましたが、5町会と嶺町特別出張所とがさらに絆を深め、各関係機関と連携を取りながら「元気で笑顔の出会いがあるポールウォークの嶺町地区」となりますよう努力してまいります。
皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます。

嶺町町会 会長に就任しました

嶺町町会 会長 長久保 伸一

この度、長久保弘会長の後任として、4月の定例総会より会長を仰せつかりました長久保伸一です。まだまだ未熟者ですが、よろしくお願いいたします。
この嶺町地区は、古くからの歴史があり自然豊かな町です。梅の頃は嶺町界隈、サクラの頃は桜坂をはじめとした名所に、多くの人たちが訪れます。季節感あるイベントが多いのもこの地区の特長と考えます。
また、神社・仏閣も多くお祭りなどは、若い人たちが中心に、地域の方々と協力しながら盛り上げており、活気を感じています。
楽しい活動だけではなく、いつ来るか分からない災害時なども、地域との日頃のつながりが必要だと思います。
町会活動は、連合町会を通じての情報の共有や、行政とも密に連携していくので、多くの活動がスムーズに行われています。非常時はこのようなパイプが重要だと考えます。
私も微力ながら、皆様とともにこの地区が楽しい町で住みやすく安全な町となるよう努力してまいります。
よろしくお願いいたします。

田園調布消防署  署長に着任しました

田園調布消防署 署長 福永 輝繁

昨年度一年間は、東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会に派遣され、競技会場づくりに携わり、また最近は防災部、ハイパーレスキュー隊、大井署、渋谷署、警防部などに勤務しました。
消防官になろうと決めたのは、世の為、人の為、誰かの為になる仕事に就きたいけれど、自分にとってそれが何か判らず悩んでいた大学三年生の一月です。救急隊を取材する番組を見て消防を知り「これだ!」と即決でした。
東京生まれですが全国を転々とし、川で泳いだり山で木の実を採って食べたりと、自然豊かな地に暮したこともありましたが、中学三年生から世田谷区に住んでいましたので、この地域には大変親しみを感じて着任しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

平成29年度「さかみち」編集委員のご紹介

嶺町地区の想い出 その2

多摩川・丸子橋あたりについてお話しました。

渡部さん
子どもの頃、多摩川では丸子橋のところでよく泳ぎました。川崎側まで行って、向こうで遊んでいると上げ潮になって丸子橋を歩いて渡ってこなければならないんです。裸足で橋を渡るので、足の裏が熱くてね。


丸子の渡し(昭和36年) 大田区立郷土博物館発行「写された大田区」から

鈴木昌臣さん
昭和10年に丸子橋が出来ましたが、橋を歩いて対岸に渡るのが面倒ということもあり「丸子の渡し」は昭和30年代まではありました。その頃は、貸しボート屋さんもありました。

小野須恵子さん
多摩川が引き潮になると砂州が出てきましたね。

鈴木さん
私が小さいころは、多摩川で砂利を堀っていたんですよね。建築資材用として掘っていたんですが、砂利を堀ると大きな穴が出来るので危険なんですね。水も濁っていて水深が分からないから、学校からは、「泳ぐな」と言われていました。ダムまでは引き潮上げ潮で2m以上の差があったので危険でした。それでも泳いでいました。川崎側に行くとシジミが沢山とれてみそ汁にしました。ウナギもいましたね。

浅香ケイさん
昭和30年〜40年頃、主人は趣味でウナギやアユを採っていました。ウナギはヤスで、アユはなで網で採りました。採ったばかりのアユは西瓜の匂いがするんです。ヤスはゴムが付いていてゴムを伸ばしてパッと突いて採るんですよね。なで網は網が三角になっていてすくって採るんです。

鈴木さん
ウナギは餌を仕掛けたカゴでも採りました。アユやはぜは小さい投網でも採りました。

稲垣さん
船で出て仕掛けをして専門にやっていた人もいましたね。その頃は漁業権があったんでしょうね。


多摩川の投網(昭和13年) 大田区立郷土博物館発行「写された大田区」から

小野さん
その後、東京オリンピック以降は、川が汚れて洗剤の泡が沢山浮いて風に飛ばされていました。それで魚も採らなくなったんですよね。今はアユも戻って、とてもきれいになりました。

鈴木さん
今の多摩川駅のところには、多摩川園遊園地(現せせらぎ公園)があったんです。小学校の最初の遠足は必ず多摩川園でした。

稲垣さん
多摩川園には映画館、観覧車、大山すべり、お化け屋敷、菊人形展など、本当に楽しいところでした。垣根をくぐり中に入って、遊んだ子どもたちもいたようです。

鈴木さん
丸子橋の花火大会も懐かしい思い出です。朝早くから浅間神社まで登って場所取りをしました。川岸には、桟敷もあってとても盛大でした。

前105号に引き続き嶺町地区の想い出話をお届けしました。この地区の歴史や日常生活など、次世代の子どもたちにも継承して行きたいですね。次号に続きます。

最近のまちづくり推進委員会から

地域の行事

○親子木工教室(青少対)
 【日にち】 7月30日(日曜日)
 【場 所】 嶺町文化センター
○子ども夏まつり(青少対)
 【日にち】 8月27日(日曜日)
 【場 所】 嶺町特別出張所
○盆踊り
 【日にち】 7月22日(土曜日)、23日(日曜日)
 【場 所】 白山神社境内
 【日にち】 8月19日(土曜日)
 【場 所】 御嶽神社表参道
○阿波踊り
 【日にち】 8月20日(日曜日)
 【場 所】 御嶽山駅前商店街通
○子ども盆踊り大会
 【日にち】 8月28日(月曜日)、29日(火曜日)
 【場 所】 密蔵院境内
○そうめん流し
 【日にち】 8月26日(土曜日)
 【場 所】 白山神社
○祭礼
 【日にち】 9月2日(土曜日)、3日(日曜日)
 【場 所】 白山神社
 【日にち】 9月16日(土曜日)、17日(日曜日)
 【場 所】 御嶽神社
○田園調布本町子どもまつり
 【日にち】 9月24日(日曜日)
 【場 所】 田園調布本町町会会館前

第66回 大田区子どもガーデンパーティー


ガーデンパーティーの様子

第66回大田区子どもガーデンパーティーが4月30日(日曜日)にせせらぎ公園(多摩川駅前)において行われました。
ゲームコーナー、手作りコーナー、体験コーナー、嶺の樹会による餅つき等を嶺町・田園調布・鵜の木地区の青少対3地区合同で実施しました。
お天気に恵まれ、4,702名もの参加がありました。

編集後記

 もうすぐ夏休みですね。今号は自転車の走行マナーについて話し合いました。お読みになって思い付くこともあるのでは……今後の参考にしてください。
 また5月号に続き、この地区の想い出の続きです。ご年配の方々には懐しい場面や風景が甦ったのでは?また新しくこの地域に住まわれた方々も歴史ある場所に行かれてみては如何でしょうか。

さかみち第105号(全文)

「さかみち」は嶺町特別出張所で配付しております。
ホームページ上では、一部を省略して掲載しておりますのでご了承下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

嶺町特別出張所

大田区田園調布本町7番1号
電話:03-3722-3111
FAX :03-3721-1493
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)