このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 調布地域 の中の 嶺町特別出張所 の中の 地域情報紙「さかみち」 の中の さかみち第107号(平成29年10月1日発行) のページです。

本文ここから
嶺町特別出張所

さかみち第107号(平成29年10月1日発行)

更新日:2017年10月1日

さかみち第107号を発行しました。
どうぞご高覧ください。

嶺町地区 シニアクラブ特集

 「シニアクラブ」とは、おおむね60歳以上の方の生活を健全で豊かなものにするため、様々な活動を行っている会員組織の団体です。本号では、嶺町地区に3団体あるシニアクラブをご紹介します!シニアクラブへのお問い合わせは嶺町特別出張所まで。

嶺町地区シニアクラブ一覧
  活動日・内容 今後の活動 会長より一言
みたけクラブ 火曜日:いきいき体操・輪投げ・カラオケ・ぬり絵・脳トレなど

[講師指導あり]
第2火曜日午後:折り紙
第3又は第4火曜日午後:コーラス

【場所】御嶽会館
 今秋からポールウォークの指導を受け、神社巡りや、歴史散歩など脚からの健康長寿を目指します。
 また、友愛活動として月1回のサロン的な活動も始める予定です。
 家に閉じこもりがちな方が、会員の輪に加わり、活動の輪を拡げていく為の多様で、具体的な企画立案をしていきます。皆様のアイデアをお寄せください。
 (会長:長野 真弓)
嶺福寿会 金曜日:ゲートボール・詩吟・カラオケ・民謡・民舞・俳句・健康体操
日曜日:民舞・お話

【場所】白山会館・東嶺公園・シニアステーション東嶺町
 会員数は現在83名で活動しています。今後はダンスや絵画・書道の教室をやってみたいです。
 講師をしてくださる方も募集しています。
 健康で長生きするためには、外出し、おしゃべりや運動(社会参加)が大切です。ゲートボール・詩吟・俳句・民謡・民舞・健康体操などに参加し、生きがいのある健康な毎日を過ごしましょう!
 (会長:服部 伊勢松)
田園調布南
ゆうもあクラブ
月・水・木曜日:ゲートボール
土曜日:新舞踊 (演歌)
その他:手芸・カラオケ・お茶会等

【場所】田園調布南町会会館、多摩川河川敷等
 一人暮らしの方でも安心して楽しく暮らせるよう、外出の機会や生きがいを与えることができるような活動をしていきたいです。地域とのコミュニケーションも積極的にとっていきたいです。  当クラブは男性が協力的なのが特徴と思います。誕生日にはお赤飯でお祝いしています。毎月発行している「ゆうもあ会報」は手渡しで配布しており、声を掛け合うことの素晴らしさを感じることのできるクラブです。
 (会長:赤羽 秀夫)


田園調布南ゆうもあクラブの皆さん


嶺福寿会の皆さん


みたけクラブの皆さん

嶺町地区元気シニア・プロジェクト 進捗状況報告

 昨年度から、区は東京都健康長寿医療センター研究所と共同で、健康寿命の延伸を図るため「大田区元気シニア・プロジェクト」を開始しました。嶺町地区は、このプロジェクトのモデル地区に選定され、今年3月から毎月、健康で元気な嶺町地区をつくるための会議を開催しています。委員は、5町会長、民生委員、シニアクラブ、地域内の企業となっています。
 フレイル(高齢者の身体機能や認知機能が低下して虚弱となった状態)の予防には「栄養」、「運動」、「社会参加」に関する取り組みが重要になります。
 「住んでいるだけで健康になるまち」を目標に、9月からはポスターのテスト掲示やパンフレットの配布などの広報活動を始めています。「ポールウォーキングガイド」は、各町会や嶺町特別出張所で配布しています。皆様のご意見をお寄せください。

今後の予定

 多品目の食材を使用したモデルレシピや栄養チェック表・カレンダーを作成して、栄養面での向上を図ります。
 また、身体機能の向上や外出の機会を作るため、ポールウォーキング講習会を開催(10月から12月)します。


フレイル予防三つの柱


コミュニティ会議の様子

嶺町地区の想い出 その3

学校・遊びについてお話しました。

鈴木昌臣さん
東調布第一小学校の起源は、西嶺町にある寺子屋だったんです。今でも石碑があって確認できますよ。その後、寺子屋は観蔵院に移って、学校が合併して昭和の初めに東調布第一尋常小学校が出来たんです。嶺町特別出張所は、ここに来る前は、天祖神社境内にあったんですよ。東一小が3階建ての鉄筋の校舎を建てるときに出た木造の校舎の古材を利用して建てたんです。天祖神社は環八が開通する前はもっと広かったので、境内でよく遊びました。

渡部満智子さん
戦争のころは、配給だけでは足りなくて野草などなんでも食べました。口に入るものは何でもよかった。そのうち、空襲があってB29が飛んできたのを見て疎開したんです。この地域にも焼夷弾が落ちました。

鈴木さん
昭和19年頃の戦時中には、空襲警報が発令されると、近くの切り通しに防空壕があって、急いでそこに避難しましたね。

小野須恵子さん
小学校3年生以上が学童疎開したんですよね。終戦で子どもたちが帰ってきたんですけど、親が迎えに来ない子どもたちがいて、自分も子どもでしたがとても可哀そうでした。

原田秀子さん
戦後、東一小を卒業すると大森第七中学校に行ったんですが、ちょうど昭和31年に東調布中学校が新築された時に1年生で入学しました。新しい校舎に入れるということで嬉しかったですね。東中が出来る前は雑木林だったので、子どもらの遊び場だったんですが。

鈴木さん
子どもの頃の遊びはベーゴマ、メンコ、ビー玉、けん玉、魚釣りとかで、おもちゃは売ってもいましたが、自分たちでよく工夫して遊びました。

浅香ケイさん
女の子は、カルタ、羽根つき、お手玉、おはじきや地面に丸かいて石けりしたり、ゴムとびもやりました。ゴムとびには大阪とびとか女とびもありましたね。

前106号に引き続き、嶺町地区の想い出話をお届けしました。この地区の歴史や日常生活など、次世代の子どもたちにも継承して行きたいですね。


沼部駅の写真(昭和46年)東急電鉄提供


久が原駅の写真(昭和34年)東急電鉄提供


雪が谷大塚駅の写真(昭和62年)雪谷小学校創立40周年記念誌「ゆきがや」より


御嶽山駅の写真(撮影年月日不明)東急電鉄提供

貯筋のすすめ  編集委員 村木 松英


貯筋のすすめ


 地震や天候不順による災害も気になるが、愛読紙によると、「現況の日本は世界に類を見ない少子高齢化時代を迎えている。この深刻な問題解決のモデルケースは何処にも無い。このピンチを乗り越えるための手立ては、日本人自らが創り出すほかなし」とあった。
 十年位前から長時間歩いたら脚が疲れたり、駅の階段を数段上がっただけで脚が重く感じて辛くなったりした。私は、フレイル(心身機能の虚弱高齢者)予防が必要だと自覚した。フレイルの主な要因はサルコぺニア(筋肉減少症)と低栄養といわれている。
 不器用者の私が健康で充実した生活がおくれるよう、今年夫がポールウォークのポールを購入してくれた。田園調布消防署隣のふくし公園で、いきいき公園体操を継続したご褒美であった。
 私は貯金は出来ないが、『貯筋』をして最期まで綺麗な姿勢で歩き続けられることを願っている。

地域の行事

○楽しい防災とおもちつき
  【日にち】12月17日(日曜日)
  【場 所】すずめ公園(田園調布本町児童館隣り)
○嶺町文化センターまつり
  【日にち】11月25日(土曜日)26日(日曜日)
  【場 所】嶺町文化センター
○ハロウィン
  【日にち】10月28日(土曜日)
  【場 所】御嶽神社前
○餅つき大会
  【日にち】12月16日(土曜日)
  【場 所】白山神社境内
○新春餅つき
  【日にち】12月31日(日曜日) (餅の配布 翌1日 午前0時から)
  【場 所】御嶽神社境内

表彰おめでとうございます

平成29年度大田区交通安全功労者感謝状

 田園調布東久自治会 木田 臣 様

大田区自治会・町会副会長30年在職者に対する感謝状

 嶺町北町会 長久保 純一 様

自治会・町会役員永年在職者及び退任町会長感謝状贈呈式

退任町会長

前 嶺町町会会長 長久保 弘 様
前 田園調布本町町会会長 中島 義和 様

永年在職者

12名

編集後記

 今年も3分の2が過ぎましたが、振り返ってみると色々なことがありました。
 多くのところで豪雨による甚大な被害が出ました。
 また子ども達の夏休みの日記には晴れのマークが殆ど無かったとか。異常気象の日々でした。
 これからの日々が無事に過ごせますよう祈り願うばかりです。

さかみち第107号(全文)

「さかみち」は嶺町特別出張所で配付しております。
ホームページ上では、一部を省略して掲載しておりますのでご了承下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

嶺町特別出張所

大田区田園調布本町7番1号
電話:03-3722-3111
FAX :03-3721-1493
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)