このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
地域力・国際都市 おおた


サイトメニューここまで
現在のページ 大田区ホームページ の中の 調布地域 の中の 嶺町特別出張所 の中の 地域情報紙「さかみち」 の中の さかみち第110号(平成30年7月1日発行) のページです。

本文ここから
嶺町特別出張所

さかみち第110号(平成30年7月1日発行)

更新日:2018年7月2日

さかみち第110号を発行しました。
どうぞご高覧ください。

自転車の走行マナーについて

田園調布警察署 交通課長 門向かどむかい 守夫もりお
 嶺町地区の皆様、本年4月に交通課長として着任した門向と申します。珍しい苗字とお思いでしょうが神奈川県三浦の出身です。この街の安全安心を守るため、微力ながら精一杯尽くしていく所存であります。
 さて、夏の行楽シーズンを迎えるに当たり、自転車に係る交通事故状況について触れてみたいと思います。
 平成29年の当署管内における人身事故は265件発生し、うち、自転車が関与した事故は89件(33.6%)ありました。事故を分析すると「止まれの標識を無視して交差点に進入した飛び出し」や「右側通行による接触」など自転車の走行に問題があるケースが見受けられます。
 自転車は、法令上は車両に含まれ、車や二輪車同様に交通標識等に則って利用することが求められています。手軽さによる過信や一瞬の油断が事故の元です。
 正しい自転車利用の認識を高める啓発活動を推進し、世界一の交通安全都市TOKYOを目指して≠「きたいと思います。

よろしくお願いします

東調布中着任にあたり

大田区立東調布中学校  校長 宮本みやもと 泰雄やすお
 四月一日、東調布中学校の校長として着任いたしました。三月まで田園調布中学校に四年間勤務しておりました。同じ調布地区ではありますが、新たな学校を預かる身として、緊張をしております。
 私は、今年で中学校での勤務が三八年となり、区部で八校、市部で一校、計九校を経験してまいりました。思い起こせば、それぞれの学校に特徴があり、同じ学校は一つもなかったと思います。
 学校をつくりあげるものは何かと言えば、学校の主役である生徒とその保護者。指導に当たる教員。さらに、地域・社会であると考えます。この四つが相まって、独自の校風をつくりあげるのだと思っております。
 今後とも皆様のご理解とご協力とご支援をいただき、東調布中学校のよき校風を引き継いでまいりたいと考えております。

「第二のふるさととして」

嶺町特別出張所 所長  浅沼あさぬま 雄一郎ゆういちろう
 私が育ったのは、神奈川県の葉山町です。御用邸に代表されるように、とても環境の良いところです。山と海に囲まれ、子どものころから自然の中で育ってきました。結婚して、一度は横浜で生活をしましたが、「自然」の少ない環境に戸惑いがちでした。子どもが産まれたのをきっかけに、現在は葉山町のお隣の逗子市に住んでいます。嶺町地区までの通勤は少し大変ですが、この4月からの着任早々、様々な方と出会い、歴史・文化に触れ、この地域の素晴らしさを実感しています。「人の優しさ」、「気配り」、「歴史と文化に囲まれた空気」、「地域の和」。
 これからも、そうした「嶺町地区」の素晴らしさを将来の子どもたちに繋いでいきたいと思っています。「嶺町地区」を第二のふるさととして頑張っていく所存です。何卒、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました

「みねまち嵐+ぷらす1わん

嶺町特別出張所 前所長 石井いしい 信一しんいち
 嶺町特別出張所長は、桜の花に迎えられます。私の時も、自治会町会長の皆様との花見の宴からはじまりました。
抜群の住環境と23区内では貴重な自然が残る嶺町地区は、桜に限らず、四季折々の彩りある景色と文化の香りが漂います。
地域の行事は、季節が感じられるとともに伝統も大切に守られています。
「お餅つき」は、嶺町地区の風物となっています。そして、もう一つの風物が、ポールウォーキングです。四季の移ろいを感じながらのポールウォーキングは、経験がない方には、つきたてのお餅とともに特にお勧めしたいものです。
「みねまち嵐」は、昨年(平成29年)12月にデビュー?しました。今後のご活躍が大いに期待されるところです。
+1ぷらすわんは、所長のことのようですが、+1ぷらすわんの心残りは、「桜坂46」の結成を待たず、卒業することです。
 2年間という短い期間ではありましたが、嶺町地区の皆様には本当にお世話になりました。ありがとうございました。

木曽の旅


赤沢自然休養林

田園調布南町会  石川いしかわ 登希人ときひと
 私は嶺町地区自治会連合会の皆様と霊峰御嶽山のそびえ立つ木曽の旅に初参加させて頂きました。五時間程のバス移動も談笑尽きずあっという間に木曽に到着。江戸時代にタイムスリップしたかと思わされる街並みの中山道木曽路に十一ある宿場町の一つ奈良井宿。木曽檜が岩盤の上に力強く育つ赤沢自然休養林、ここでは大自然の中ポールウォーキングに参加。地元の方からは伊勢神宮の遷宮用材に使用される木曽檜を運ぶ際唄われる木遣りをご披露頂きました。木曽や嶺町の温かな皆様と過ごし、とても楽しい思い出深い旅になりました。

さあにぎやかに仲良くポールで嶺町のわ


第1回地域参加イベント

編集委員 村木むらき 松英まつえ 
 根拠のあやふやな間違いだらけの健康常識が氾濫する昨今、去年3月から、嶺町地区は、東京都健康長寿医療センター研究所と共同で元気シニア・プロジェクトを行いました。高齢者になっても、自分の身体を使う以外に生きる道具がありません。自分自身の足るを知り、持続可能な健康長寿に向け、意識と工夫を行い、若い世代に繋げられたらと願うばかりです。
 その背景の中、嶺町地区は、快晴で桜満開の4月4日(水曜日)、田園調布南町会管内の密蔵院で、フレイル(高齢者の身体機能や認知機能が低下して虚弱となった状態)の予防の第一回地域参加イベントが開催されました。
 運動は地域の町会長5人を中心に、副会長はじめリーダーが、所属する自治会・町会のベストと帽子を着用し、参加者83人と呼吸をあわせて、ポールウォークに1時間程、町を愛でつつ汗を流しました。
 栄養は、人生の大先輩である、みたけクラブ会長はじめ、田園調布南ゆうもあクラブの皆様と支援者によるおにぎり(塩シャケ・ゴマ・ねり梅・ジャコ・ピリ辛高菜・鳥ソボロ等)200個とみそまる100カップとわさび菜の佃煮とデザートは杏仁豆腐でした。密蔵院境内で、笑顔こぼれる参加者と共に、さあにぎやかに℃諮H会を楽しむことができました。
 当日配布された案内チラシのように第2回目は6月14日(木曜日)に開催しました。第3回目は9月、大田区立すずめ児童公園。第4回目は11月、嶺町特別出張所。第5回目は、来年2月、白山神社にて開催予定となっています。50人程度の定員を募集する予定です。
 一緒に時間を共有する中で元気の秘訣を体感しませんか?。毎回、貸出用ポールもあります。ふるって御参加されますようお願い致します。

禰宜ねぎまい(川崎市芸能無形文化財)

西嶺町在住  鈴木すずき 昌臣まさおみ
 禰宜の舞は大田区西嶺町4番10号の天祖神社において、曜日に関係なく毎年四月二十一日に祭礼が執り行われ、午後三時より禰宜の舞が奉納されます。禰宜の舞の起源はつまびらかではありませんが、江戸中期ころといわれ、昭和十五、六年頃までは多摩川を中心に都下調布市から大田区六郷近辺まで、川の両側の神社や、町の広場約二十か所で舞われていましたが、戦後は東京側ではこの西嶺町の天祖神社のみ奉納されております。境内の中央に畳を敷いた舞台で、下座しもざに設けたリズミカルな太鼓の響きに合わせて舞が振舞われます。舞うお面は五種類で、舞うごとにお面と衣装を変えます。舞いそのものは単調で、太鼓の響きから「デデンコ舞い」ともいわれています。先ず、大祓詞おおはらえことばを奏上して舞台を祓い清めます。続いて次の五つが舞われます。

一、猿田彦命(さるたひこのみこと)
   通称天狗さま 人生の道案内の神
二、天鈿女命(あめのうずめのみこと)
   芸能の女神
三、天児屋根命(あめのこやねのみこと)
   神事、祭りを司る神
四、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)
   山で鳥獣狩猟を司る神
五、大山祇命(おおやまずみのみこと)
   山の大自然を司る神

 こうして神の役どころを見ると、昔の人々は、自分の人生と日々の暮らしをそれぞれの神々に託して生きてきたように思われます。

地 域 の 行 事

  • 盆踊り 
     【日にち】 7月28日(土曜日)、29日(日曜日) 
     【場所】 白山神社境内 
     【日にち】 8月18日(土曜日) 
     【場所】 御嶽神社表参道
  • 親子木工教室(青少年対策嶺町地区委員会)
     【日にち】 7月29日(日曜日)
     【場所】 嶺町特別出張所
  • 阿波踊り 
     【日にち】 8月19日(日曜日) 
     【場所】 御嶽山駅前商店街通り
  • そうめん流し

 【日にち】 8月25日(土曜日)
 【場所】 白山神社

  • 子ども夏まつり(青少年対策嶺町地区委員会)  
     【日にち】 8月26日(日曜日) 
     【場所】 嶺町特別出張所 
  • 子ども盆踊り大会 
     【日にち】 8月27日(月曜日)、28日(火曜日) 
     【場所】 密蔵院境内
  • 祭礼 
     【日にち】 9月1日(土曜日)、2日(日曜日) 
     【場所】 白山神社 
     【日にち】 9月15日(土曜日)、16日(日曜日) 
     【場所】 御嶽神社
  • 田調布本町子どもまつり

 【日にち】 9月30日(日曜日)
 【場所】 田園調布本町町会会館前

田園調布東久自治会館オープン

平成30年4月1日、田園調布東久自治会館が、田園調布南28番20号にオープンしました。

編集後記

 寒暖の差が激しい日々、気が付いたらもう今年も半年が過ぎました。日本にはここ数年、四季が感じられなくて着るものに困りますね。これから先が思いやられますが、生活は気象に左右されず、皆様も体調には十分に気を付けて、夏休みもお仕事にも楽しく健やかに過ごされますよう願って居ります。

さかみち第110号(全文)

「さかみち」は嶺町特別出張所で配付しております。

ホームページ上では、一部を省略して掲載しておりますのでご了承下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

嶺町特別出張所

大田区田園調布本町7番1号
電話:03-3722-3111
FAX:03-3721-1493
メールによるお問い合わせ

本文ここまで

以下 奥付けです。
大田区役所 アクセス・地図・開庁時間〒144-8621 東京都大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1111(代表)